昨年までの二年間は夏の旅行先として北海道に行っていましたが、今年は何処か別の所にすることにしました。そうなると 「暑さ対策」 が必須となりますが、夜間中エアコンをつけっぱなしにするのも常識を疑われます。そうすると、自然現象を利用して標高の高い地点を宿泊場所にするしかないと思われます。
高度が 100m 上がると気温は 0.6℃ 下がると言われていますから、標高 0m の場所で 30℃ でも 標高 1,000m の場所では 24℃ と快適な状態になります。
と言う事で、酷暑期の宿泊場所となり得る 「道の駅」 と 「駐車場」 の位置情報の KMLファイルを作りました。尚、標高 750M 以上の地点を集めてあります。
== 標高の高い車中泊場所 ==
HighElevSpot
皆様の中で このデータが必要な方は下のリンクからダウンロードしてください。

これを Googleマイマップに読ませて、目的地を Googleマップのナビに渡してナビゲーションさせるのが普通なのでしょう。でも、私は 「Googleマップ」 のナビは嫌いなので、「ロケスマ」 に この KML を読ませて、「ロケスマ」 から 「Yahooカーナビ」 にデータを渡して目的地検索が行えるようにしました。
方法は以下の様に行います。
1. 「ロケスマ」 に KML を読ませる。方法は 「ロケスマ」「KML」 でネット検索すると出てきます。甚だ簡単です。
「ロケスマ」 には下の画面の様に表示されます。
ロケスマ表示
2. 行きたい地点をクリックします。すると地点名、標高、トイレの有無などが確認できます。
地点クリック
「ルート検索」ボタンを押せば
3. ナビ選択画面になるので 「Yahooカーナビ」 をクリックすれば
ナビ選択
4.「Yahooカーナビ」 が立ち上がって 「ルート選択」 画面が表示されます。
カーナビ画面
5. 後はルートを決定して車をスタートさせれば良い。

永らく新潟県に暮らしながら ・・・
外国の主要な国々には、殆ど行った事がありながら ・・・
国内は、稚内から鹿児島県の佐多岬まで、全国殆ど行った事がありながら ・・・
佐渡に行った事が無いと言うのは、やっぱりまずいのではないか、と言う事で「佐渡」に行ってきました。
いつもの様に車で出かけるなんて事は、多額の費用が掛かって貧乏人には耐えられないので、格安のパック旅行を利用しました。
寺泊港と赤泊港を結ぶ「高速船あいびす」を往復利用する佐渡汽船実施の「佐渡日帰りパックBコース」で 7,500円のものです。幾つかコースの選択肢がある中で、「佐渡金山」を訪れる「Bコース」にしました。

先ず、行程のログです。
<2017年6月19日>
Full

<2017年6月9日>
自宅発 - 新潟県長岡市寺泊港 - 佐渡市赤泊港 -「七浦海岸夫婦岩」-「尖閣湾揚島遊園」-「佐渡金山」- 赤泊港 - 寺泊港 - 自宅
==佐渡市 あいびす日帰りパック==

==佐渡市 尖閣湾揚島遊園==
 
==佐渡市 佐渡金山==

この前、同様な施設である「足尾銅山観光」を見てきた訳ですが、これと比較すると「金を掛けている」感がひしひしと伝わってきます。特に足元の通路は立派過ぎます。坑夫のロボットは、新しい分良く見えます。
「世界遺産」登録を目指して活動している様ですが、まさか この様な観光展示の良し悪しで登録決定がなされる訳では無いのでしょうが、判断材料の一つにはなるのかも知れませんね。

2017年6月9日に自宅を発ち、6月13日に帰着という日程で、下北半島と津軽半島まで旅行に行って来ました。かなり以前に行った事は有るのですが、取り残した訪問先の訪問や、記録が不明確なルートの再記録が目的です。
総走行距離は 1,986km, 要したガソリン量は 81.47リットルでした。
高速道路は使わず、いわゆる下道を走るのが基本です。宿泊は全て車中泊としました。

先ず、全行程のログです。
<2017年6月9日 - 6月13日>
AllTrack

<2017年6月9日>
自宅発 - 新潟県阿賀町 - 国道459号 - 福島県喜多方市 - 「檜原湖」- 磐梯吾妻スカイライン - 福島市 - 国見町「道の駅国見あつかしの郷」
day01

==檜原湖と裏磐梯==


==檜原湖と秋元湖の間の日本猿==

檜原湖と秋元湖の間の福島県道70号で日本猿の一群と遭遇しました。

==福島市 磐梯吾妻スカイライン==


<2017年6月10日>
「道の駅国見」- 宮城県仙台市 - 栗原市 - 国道398号 - 栗駒山麓 - 国道342号 - 岩手県一関市 - 平泉町「達谷窟毘沙門堂」-「毛越寺」-「中尊寺」- 盛岡市 - 岩手町「道の駅石神の丘」
Day02

==平泉町 達谷窟毘沙門堂==


==平泉町 毛越寺==


==平泉町 中尊寺==


<2017年6月11日>
「道の駅石神の丘」- 岩手県二戸市 - 青森県三戸町 -「十和田湖」-「奥入瀬渓流」-「酸ヶ湯温泉」- 青森市 - むつ市 - 佐井村「仏ヶ浦」- 大間町 - 横浜町「道の駅よこはま」
Day03

==十和田湖==

秋田県小坂町側と青森県十和田市側の二か所から展望しました。

==十和田市 奥入瀬渓流の銚子大滝==


==広葉樹海のドライブ==

青森市の国道103号を通ったドライブ記録です。

==佐井村 仏ヶ浦==


<2017年6月12日>
「道の駅よこはま」- 青森市 - 蓬田村 - 外ヶ浜町「竜飛崎」- 五所川原市 - 深浦町 - 秋田県能代市 - 秋田市 - にかほ市「道の駅象潟」
Day04

==外ヶ浜町 竜飛崎==


<2017年6月13日>
「道の駅象潟」- にかほ市「奈曽の白滝」-鳥海ブルーライン「鉾立展望台」- 山形県遊佐町 - 三川町「道の駅庄内みかわ」- 鶴岡市加茂 - 新潟県村上市「笹川流れ」- 新潟市 - 自宅
Day05

==にかほ市 奈曽の白滝==


==鳥海山五合目 鉾立展望台==

鳥海ブルーラインを通って鳥海山五合目の鉾立展望台を訪れました。

2017年5月17日に自宅を発ち、5月20日に帰着という日程で、山形県・宮城県を主体に旅行に行って来ました。名所巡りが主体です。今まで行った事が無かった 「牡鹿半島」 にも行って見ました。
総走行距離は 1,194km, 要したガソリン量は 51.30リットルでした。
高速道路は使わず、いわゆる下道を走るのが基本です。宿泊は全て車中泊としました。

先ず、全行程のログです。
<2017年5月17日 - 5月20日>
All Track

<2017年5月17日>
自宅発 - 新潟県村上市 - 山形県鶴岡市 - 鶴岡市羽黒町「羽黒山」 - 三川町「道の駅庄内みかわ」
1stDay
==羽黒山==


<2017年5月18日>
「道の駅庄内みかわ」- 湯殿山道路 - 「湯殿山神社」 - 寒河江市 - 山形市山寺「立石寺」- 蔵王エコーライン -  蔵王ハイライン - 「蔵王御釜」 - 宮城県村田町 - 仙台市 - 石巻市「道の駅上品の郷ふたごの湯」
2ndDay
==湯殿山神社==

==立石寺==

==蔵王御釜==


<2017年5月19日>
「道の駅上品の郷ふたごの湯」- 牡鹿半島 - 女川町 - 松島町「瑞巌寺」 - 鹽竈市「鹽竈神社」 - 名取市 - 白石市 - 七ヶ宿町 - 山形県米沢市 - 飯豊町「道の駅いいで」
3rdDay
==瑞巌寺==

==鹽竈神社==


<2017年5月20日>
「道の駅いいで」- 米沢市 - 福島県喜多方市 - 会津若松市「鶴ヶ城」 - 西会津町 - 新潟県阿賀町 - 自宅
4thDay
==鶴ヶ城==



2017年5月8日に自宅を発ち、5月10日に帰着という日程で北関東 (栃木県、茨城県) に旅行に行って来ました。日光や海岸沿いを除いて、私にとっては未知の、謎の地域なのです。
行って見るとこの辺は、新潟県同様に「行きたい所」が甚だ少ない地域なので、訪問先を探すのに困ります。でも最大の発見は、その景観です。栃木県市貝町付近など、大地が緩くうねった丘陵地帯が続き、底の部分に田畑や集落が点在し、その他の部分は木々が生い茂っています。車で走っていると、広大な森林地帯の中に里山的景観が次々と現れてくると感じられます。山では無く、平野でもなく、緑が溢れる世界です。私の最も好きな景観になりました。
総走行距離は 935km, 要したガソリン量は 39.45リットルでした。
高速道路は使わず、いわゆる下道を走るのが基本です。宿泊は全て車中泊としました。

先ず、全行程のログです。
<2017年5月8日 - 5月10日>
All Track

<2017年5月8日>
自宅発 - 群馬県沼田市 - 金精峠 - 栃木県日光市「日光東照宮」 - 宇都宮市 - 市貝町「道の駅サシバの里いちかい」
1stDay
==日光東照宮==
 

<2017年5月9日>
「道の駅サシバの里いちかい」- 真岡市 - 宇都宮市「大谷資料館」 - さくら市 - 茨城県大子町「袋田の滝」- 福島県矢祭町 -  茨城県常陸太田市 - 栃木県益子町 - 小山市 - 佐野市「道の駅どまんなか田沼」
2ndDay
==大谷資料館==
 
==袋田の滝==
 

<2017年5月10日>
「道の駅どまんなか田沼」- 桐生市 - 群馬県みどり市 - 栃木県日光市「足尾銅山」 - 日光霧降高原 - 川治温泉 - 福島県南会津町 - 只見町 - 新潟県魚沼市 - 自宅
3rdDay
==足尾銅山観光==
 


↑このページのトップヘ