たぶん高校一年の時だと思うのですが ・・ だとすれば、1961年の事になりますから 57年前の事になります。
当時のテレビは白黒だし、当地方の放送局は NHK とローカル放送局の二つだけだったと思います。
NHKの夜のニュースは、午後 7時からの全国ニュースがあり、その 5分前からローカルニュースが放送されました。そして最後の 1分間ほどがローカルの天気予報に充てられていました。
天気予報と言っても、最近の様な 「お天気お姉さん」 が出てきたり、ナレーションが流れる様なものではありません。単に写真を背景にして、ローカルの天気予報のテロップが流れるというものでした。

なぜか、この 1分ほどの天気予報が甚だお気に入りになりました。越後平野の景色を背景にして美しい曲が流れる。心が震えるものがありました。
一定の期間、同じ背景とBGMで流れた後で、別の組み合わせのものに変わりました。あの曲は もう聞けなくなるのかと失望しました。曲名も何も知らないのに ・・
で、意を決して NHKローカル局に問い合わせをしました。往復ハガキで ・・
「ニュース班」 なる所から丁寧な返信を頂きました。曲名は  「Drink to Me Only with Thine Eyes (汝が瞳に乾杯) 」 である事やレコード番号などを教えて頂きました。

以来、時々はこのレコードを探したのですが、インターネットがある訳ても無く、探す事は出来ませんでした。多分、絶版になっていたのでしょう。
それから 45年の月日が流れ、東京に住んでいた 2005年に、何の気なしにアマゾンで検索したら、「近々 復刻盤のCDが発売される」 と出てきました。慌てて予約しました。
で、入手したのが下のCDです。演奏は  Frank Chacksfield & His Orchestra でした。

「Drink to Me Only with Thine Eyes」 は、古いイギリス歌曲の様です。邦名は教えて貰った 「汝が瞳に乾杯」 で覚えていましたが、定番名では無い様です。むしろ、日本ではマイナーな曲なので邦名は無いと言った方が良いでしょう。
当時の天気予報の背景とBGMのフィーリングを再現したビデオを作りました。ご視聴ください。
 


最近 Youtube で、色々な Youtuber に依る 「2017年に買って良かったもの ベスト〇位」 を見ていたのですが、「まあ、そんなもんか」 と魅力を感じるものは無かったのですが ・・。
一つだけ惹かれるものがありました。それは 「ロボット掃除機」 です。もともと 「ルンバ」 なる高額ロボット掃除機がある事は知っていたのですが、「そうか! 中華製低価格ロボット掃除機があるのか!」 と気付かされた訳です。
で、アマゾンで 「ECOVACS製 DEEBOT MINI」 を買って、本日 (2018.02.11) 到着しました。¥17,215.- でした。

一万円しない、更に低価格なロボット掃除機もあるのですが、エアロバイクの下に敷いてあるマットと、椅子に依る傷防止の為に敷いてあるクッションフロアシートの段差を乗り越えられて、かつコンパクトサイズの本機にしました。

実は、自室の掃除用として、車の床面清掃を兼ねて 「日立製 こまめちゃん」 は持っていたのです。

その辺のへなちょこハンディクリーナーと違って 「吸込仕事率:240W」 と超強力な 「こまめちゃん」 は気に入っていたのです。
私の部屋は八畳間の洋室なのですが、ベッド、大型バソコンラック二つ、収納チェスト三本、ハンガーラックが置かれていて、開いている床面は半分位しかありません。更に、ベッド、大型バソコンラック二つ、収納チェスト一本とハンガーラックは床面との間に隙間があり、ここの掃除は、ベッドマットを外したり、家具を移動したりしなければ出来ません。コンパクトな 「こまめちゃん」 でも出来ません。その結果、これらの隙間は一年以上、掃除無しで放置する事になります。これを、今回購入した 「ロボット掃除機」 が解決する事になります。

本機が到着して早々に充電し、試運転を行いました。
開いた床面をあっちこっち走り回るのは当然として、ベッドなどの下の隙間に潜り込んで走り回るのは感動ものです。
30分ほどの試運転で、綿ボコリでダストボックスが満杯になりました。ベッドと床面の隙間をのぞき込んでみましたら、綿ボコリは綺麗に無くなっていました。但し、白い粉状のものが床面に残っています。これも毎日、毎日の掃除で綺麗になっていくものと期待しています。
本機の導入で、より健康的な生活が送れそうな気がします。



今日 (2018.01.28) の昼頃に外出する事にしました。いつもの様に暖機運転の為に、自室からリモコンスターターでエンジンを始動しました。しかしリモコンの表示は ERROR となってしまいます。「あれ、変だな」 と言う事で、車の所へ行きましたがドアが開きません。スマートキーに内蔵されているメカニカルキーを取り出して、ドアは開きました。
smartkey01
乗り込んでエンジン始動スイッチを回そうとしましたが回りません。メカニカルキーで始動する場所を探しましたが見つかりません。
これは「バッテリー上がり」 だな、と無駄な抵抗は止めて、車内に常備してある 「ジャンプスターター」 で始動する事にしました。
「ジャンプスターター」 は、二年前程にアマゾンから購入してあった以下のものです。
ジャンプスターターを使うのは初めての経験だし、更にはエンジンルームを開けるのも、この車を買ってから初めての経験だし ・・ と言う状況だったのですが、なんと一発でエンジンが始動しました。こんな小さな物で! 凄い!
そのまま近くのディーラーに向かいました。いつもの様に停止の度に 「アイドリングストップ」 するのですが、再起動しないのではないかとひやひやしました。
ディーラーのサービス担当が言う事には 「典型的なバッテリー上がりですね。5年持ったのは長い方ですよ」
と言う事で、早速バッテリー交換をしてもらいました。

「ジャンプスターター」 でのエンジン始動の良い練習になりました。更に次回に必要なった時の、この 「ジャンプスターター」 への安心感が生まれました。
今回は自宅での出来事だったので 「ジャンプスターター」 が無くても対処法は多くあったのですが、これが旅先で持っていなかったとすれば、かなりのパニックに陥ったものと思います。
「ジャンプスターター」 は 「車での旅行」 の必需品ですよ。カメラやカセットコンロ以上に ・・

このところ続いていた寒波が今日は幾らかマシになったので、色々用事を足すために外出しました。
晴れ間が出たり吹雪いたりと、急変する天候だったのですが、地吹雪にあったり、圧雪の凸凹に嵌ったりと、長岡市内としては珍しい経験をしました。
ドライブレコーダーで常時記録している事を思い出し、このデータを用いて 「記録動画」 を作りました。ドライブレコーター設置以来、事が無ければデータを見る必要は無い訳ですから、今回が初めて記録データを見た事になります。Apeman C470 の画質は、やはり綺麗ですね。

<地吹雪>
市街地を抜けて、田んぼの原っぱに出た所で小規模な 「地吹雪」 にあいました。電柱が見えている程度なので完全にホワイトアウトしている訳ではありません。
三年前だったか、会社の隣の席の人が、隣の市に向かう国道で完全なホワイトアウトに出っくわし、道路脇の雪の壁に突っ込んで怪我を負ったのを思い出します。


<圧雪道路>
中心部を通って長岡市の北側から南側まで走ったのですが、除雪車両は一台も見ませんでした。市の除雪基地には一台もありませんでしたから、郊外の方に集中的に行っていたのかも知れません。
この結果、片側二車線の融雪道路は片側一車線になっているし、融雪の無い道路は 20cm位の圧雪状態でした。融雪道路も圧雪道路も、そこだけ走っていれば問題はないのですが、問題は融雪道路と圧雪道路の切り替わり部分です。ここの圧雪では、ちょっとした凹みが車のストラッグルに依りどんどん成長し、とんでもない状態になります。
以前、新潟市に住んでいた時、大雪の朝に長岡の常識で車で会社に出かけた所、延々と続く凸凹圧雪道路を通る事になり死ぬ目にあった事を思い出します。



昨年の二月に購入しました Suaokiポータブル電源 PS5B に関して、販売元の BuyUwish から ACアダプターを交換する旨、1月6日にメールがありました。交換の理由がはっきりしない事と、インターネット上の情報では 「充電速度」が遅くなるとの事から、お断りしたのですが、再度 「ACアダプタ充電器の充電は速ければ速いほど良いのではないです。充電が速いと、AC電流からDCへの変換もはやくなり、充電中に発熱の可能性がございます。」 とメールがあったので、交換をお願いしました。

その交換ACアダプターが本日 (2018.01.27) 到着しました。
送付された梱包箱の外側に貼付されていたアダプターメーカー meiyangpower の 「お知らせ」 では、下記の如く記載されていました。
「以前に購入いただきましたポータブル電源の付属品の AC アダプターは技術上の問題で使用につれ出力効率が悪化する可能性があることを発見したため、ポータブル電源本体の損傷を考えた上で、従来品より性能の高いスマートアダプターを交換 (無償提供) させていただきます。」
又、アダプターに添付されていた Suaoki の説明書では、下記の様に記載されていました。
「このたびは、suaokiポータブル電源 PS5B のアダプタ充電器は全面的に更新しました。最新のアダプタ充電器は使用寿命や安全性能などが大幅に向上されました。新型アダプターを体験させるため。元のアダプター充電器は使用しないで、自己処理してください。」

何事も「爆発」することで有名な中華製の中にあって、今回のSuaoki の予防的対処は、肯定的にとらえるべきものと思います。
下に、旧品と交換品の銘板表示を示します。
<旧品>
01-Previous
<交換品>
02-New
Output電流が、旧品 2.8A 表示に対し 交換品は 2.0A 表示になっています。
交換品に「CAUTION: RISK OF INJULY. Other types of batteries may burst causing injury to persons and damage. Risk of electric shock and fire. Dry location use only.」 と注意表示がされているのが目を引きます。なんか 「旧品を使い続けると爆発するぞ」 と脅かされている様な気がするのは気のせいでしょうか?

で、旧品と交換品の発熱の程度を測定しました。
充電量三目盛状態のポータブル電源に対し 30分間の充電を行い、それぞれの表面温度を測定しました。
室温は 22℃ で、開始時の各アダプターの表面温度は 20℃ 程度でした。

==旧品==
開始時充電速度
03-Pre-Start
 終了時充電速度
04-Pre-End
終了時表面温度 ・・ 46.8℃
05-Pre-Temp

==交換品==
開始時充電速度
06-New-Start
 終了時充電速度
07-New-End
終了時表面温度 ・・ 42.8℃
08-New-Temp

やっぱり充電速度は遅くなりますね。
表面温度の違いは、大した事はないですね。でも、30分の充電時間の結果ですから ・・  最終的にサチッた温度は違うのかも知れません。どっち道、旧品は使う積りは無いので、評価はここまでとしました。

↑このページのトップヘ