2017年8月21日に長野県小谷村と新潟県妙高市を結ぶ林道妙高小谷線を通ってきました。
2015年8月の この記事 にある様に、一度トライしたのですが通行止めで失敗したルートの再チャレンジです。8月10日位から計画していたのですが、ずっと天候不順で ・・・。 21日に朝起きてみたら、予報に反して好天そうなので決行しました。
砂利道が多いので、ハッチバック車の特性で、リヤウインドウに砂埃が堆積して、後ろが見えない状態になりました。更に、泥道も有ったりして、泥のハネも付着して、街中を走るには無残な姿の車になりました。でも、帰路の18号線に入ってから、太陽が出ているのに雨が降り、ワイパーが使える様になって、後部視界が確保されました。
帰路に、妙高市杉野沢の 「苗名滝」 に寄ってみました。
先ずは走行ルートです。
ルート

==長野県小谷村 白岩隧道から雨飾山荘まで==
国道148号から県道114号に入って二番目のトンネル 「白岩隧道」 から、林道の入り口の 「雨飾山荘」 までのドライブ記録です。


==林道妙高小谷線 雨飾山荘から乙見隧道まで==
林道妙高小谷線内の 「雨飾山荘」 から 「乙見隧道」 までのドライブ記録です。


==林道妙高小谷線 乙見隧道から笹ヶ峰キャンプ場まで==
林道妙高小谷線の内の 「乙見隧道」 から 「笹ヶ峰キャンプ場」 までのドライブ記録です。


==新潟県妙高市 苗名滝==
林道妙高小谷線を通ったついでに、妙高市の 「苗名滝」 を訪問しました。



今日、インターネットで「車中泊用のアプリ」を特集しているサイトを見て回ったのですが、取り立てて良さそうな新しいアプリは無く、逆に自分が使っていて便利だと思うアプリは記載されていない事に気付きました。そこで、私が使っているアプリを、ここに紹介します。尚、私のスマホもタブレットも Android なので、Android用のアプリです。

1. Yahooカーナビ Y-CarNavi-S
以前は「Googleマップのナビ機能」も使っていました。「Googleマイマップ」に多数の訪問予定地を登録しておいて、その中から、その時の訪問先をクリックすれば即「Googleマップ」の道案内画面に切り替わるので、甚だ便利でした。しかし、道路交通法上通行可能であれば、どんな細い道であろうと最短ルートに取っていくアルゴリズムなのです。歩行者ともすれ違い出来ない様な田舎の集落内の超狭い一車線道路で、片側に水路がある様な所を通らされて、二、三回、死ぬ目にあった事から使用は止めました。
「Yahooカーナビ」は、大きめの道路がルーティングされる様です。最適、最短ルートかは分かりませんが、見知らぬ土地で死ぬ目に会う事はありません。更に、通常の「カーナビ機能」の他に、「固定式オービス警報」「踏切通知」「一時停止通知」「ゾーン30通知」が音声案内され、国道については「最高速度」が画面に表示されます。弱点は「FOMAプラス」電波さえ届かない様な超山奥ではデータが更新されない事です。でも、データが更新されなくてもルートは維持され、音声案内は継続します。

2. Googleマップ GoogleMap-S
ナビ機能は使いませんが、普通に地図として使う事と、更に、過去に訪れた場所や通ったルート、今後訪れるべき場所等全てが Googleマイマップに登録してあるので、これらを参照する為に使います。

3. ロケスマ LokeSuma-S
素晴らしいアプリです。他のサイトで紹介している様な「コンビニ検索」「ガソリンスタンド検索」「日帰り温泉検索」などの専用アプリは、この「ロケスマ」一つで足りてしまいます。「ファミレス、牛丼、カレー等々のあらゆるレストランチェーン店」「コンビニ、100均、スーパー等々のあらゆるショッピング店」「ガソリンスタンド、コインランドリー、ネットカフェ等々のあらゆるサービス店」「道の駅」「日帰り温泉」等々あらゆるものが殆ど検索出来ます。更には、検索して出た目的地を即、「Yahooカーナビ」に渡して道案内を開始することが出来ます。
使った事の無い方は、一度は試用してみる事をお勧めします。

4. 食べログ TabeLog-S
「ロケスマ」が網羅しているチェーン店のレストランが無い様な田舎で、食事が必要になった時に使います。

5. TripAdviser TripAdviser-S、 じゃらん観光ガイド Jaran-S
二つとも同じ様なアプリですが、現在地周辺の観光地を探すときに使います。主要な訪問先は決めてあるのですが、折角訪れた未知の土地で、重要な施設を訪問し忘れて、後で後悔が無いように、一日に一回は調べます。

6. Japan Connected-Free Wi-Fi JapanConnected-S
日本全国のフリーWi-Fiに接続出来るアプリです。外国人向けのサービスですが、日本人も使えます。
私のモバイル通信の容量は一日単位なので、使い過ぎて後で困ると言う事は無いのですが、車中泊の道の駅などでフリーWiFiが使えれば助かります。でも、車とアクセスポイントの位置関係で、三か所で一か所位しか、まともに繋がりません。

6.  Pin 'n Find - Car Finder PinFind-S
駐車場所の記憶アプリです。万一に備えて入れてあります。
ここの記事を参照ください。

7. 道の駅ナビ by ASTONWORKS Michinoeki-S
以前は道の駅の検索に使っていましたが「ロケスマ」導入以来、検索には使っていません。記録機能があるので、訪問した道の駅の「トイレ設備」や「宿泊の適否」などの記録に使っています。

8. Yahooニュース Y-News-S
旅先でも世の中の動きは知って置きたいので ・・ 寝る前に見ます。

9. Yahoo天気 Y-Tenki-S
旅行では天候は重要な要素です。天候に合わせて目的地を変更します。見晴らしの良い展望台などは、晴れた日がいいですからね。

10. GeoTracker-GPS tracker by Ilya Bogdanovich GeoTracker-S
GPS ログアプリです。出発から帰着までの全行程ルートの記録に使っています。
車旅行の行動記録として有用です。

11. GPS発信機メール GPSsendMail-S、イマドコ送信 imadoko-S
私は一人旅で、家族に行く先などは告げずに、気ままに旅行しています。この時困るのが、旅行先で事故にあったり死亡しても、家族には私の居所が分からない事です。これを防ぐために、これらのアプリを使っています。
「GPS発信機メール」は、定期的に居場所のGPS座標をメールで自動送信するアプリです。私は一時間毎に、家族宛にメールが届く様にしています。これで家族は、私が何処に居るのか、どちらの方向に進んでいるのかが分かります。
宿泊地に到着したら、このアプリは オフ にしますが、そうすると宿泊地の座標が送信されません。この宿泊地の座標を送信する為に「イマドコ送信」を使います、このアプリを立ち上げて、送信して、オフにするという作業です。
「GPS発信機メール」はインストールすると「GPS Transmitter」と表示されます。

アマゾンで 「ビクセン製 高度計 46811」を買いました。¥2,876.- でした。中華製の低価格なガジェットを見慣れていると高めに感じますが、日本製ですし、一応 計器の仲間ですし、こんな物だろうと思います。当然ながら、日本語のしっかりした説明書が付属していました。メーカーのサイトからは PDF でのダウンロードも出来ます。

更に、これを車に取り付ける為の 「車載ホルダー」 をアマゾンから買いました。¥540.- でした。
ジェル吸盤で、この高度計をホールド出来そうで、最も低価格の物を選びました。

車で旅行中の、X-Y 軸方向の地理的情報は 「カーナビ」 で刻々と表示されますが、Z 軸方向の情報が表示されないので、これの表示の為に買いました。
実は、スマホには高度表示が出来るアプリは入れてあるのですが、そのたびにアプリを操作する事は運転中は出来ません。今回の高度計を取り付けた事により、運転中でも標高が気になった時は、何時でも確認が出来ます。
==取付状況==
取付状況
==運転席からの見え具合==
視点から

アマゾンで 「ミラリード製 カーサンバイザー SZ-1501」を買いました。¥1,335.- でした。アレ~! 今日見ると¥1,679.- に値上がりしていますね!

夕方に車を運転していると、サンバイザーと地平線の間に太陽があって、その太陽を目指してずっと走り続けなければならない道が時々あります。自宅の近くにもあるのですが、眩しくて大変です。
インターネットに、スモークサンバイザーより偏向サングラスが良いとの情報があったので、サングラスは常備したのですが、いざその場になると、眼鏡ホルダーから外して、眼鏡を掛けるという作業が面倒で、ついつい使わない事が多いのです。そこで、やっぱりスモークサンバイザーを買う事にしました。
高さ方向寸法が更に大きいモデルもあるのですが、私の場合は、このモデルが丁度良い視界になる様です。
==取付状況==
取付
==視界の状況==
視界

2017年8月3~5日に、富山県有峰林道を通って岐阜県に出、木曽御嶽山、乗鞍岳、新穂高へ行ってきました。いずれも、近くを通った事はあるが訪れた事が無い場所を、今回初めて訪れました。酷暑の時期の旅行ですので、高標高の宿泊場所がある事も、訪問先決定の条件でした。

先ず、行程のログです。
<2017年8月3日~5日>
全ルート

<2017年8月3日>
自宅 - 新潟県上越市 - 富山県魚津市 - 立山町 - 有峰林道 - 飛越トンネル - 岐阜県高山市 - 長野県王滝村 田の原駐車場 (標高2,180m)
day01

==2017.08.03 富山県有峰林道小口川線のドライブ==
2017年8月3日に富山県の有峰林道、小口川線を通過しました。その時のドライブ記録です。
子熊との遭遇記録も見れます。
A drive thru Oguchigawa Line of Forest Road Arimine in Toyama


==2017.08.03  富山県有峰林道有峰湖展望台==
2017年8月3日に富山県の有峰林道にある有峰湖展望台を訪問しました。
その時の景色です。
Views from Observation Area for Lake Arimine.


==2017.08.03  富山県有峰林道西岸線のドライブ==
2017年8月3日に富山県の有峰林道 西岸線を通過しました。その時のドライブ記録です。
A drive thru Seigan Line and Higashitani Line of Forest Road Arimine.


==2017.08.03  有峰林道で子熊と遭遇==
2017年8月3日に富山県の有峰林道で、ドライブ中に二頭の子熊と遭遇しました。その時の記録です。
Encounter with Baby Bears on Forest Road Arimine.


<2017年8月4日>
長野県王滝村 田ノ原駐車場 - 木曽町 御岳ロープウェイ - 岐阜県高山市 - 新穂高ロープウェイ - 乗鞍岳 - 安房峠 - 長野県安曇野市 - 松本市 - 上田市 道の駅美ヶ原高原 (標高1,970m)
day02

==2017.08.04  長野県王滝村 御嶽神社遥拝所==
2017年8月4日に長野県王滝村の御嶽神社遥拝所を訪問しました。木曽御嶽山の登山道の王滝口のある「田の原」(標高2,180m) にあります。目的はお参りでは無くて、木曽御嶽山を眺める事にあります。
Visiting the branch shrine and seeing Mt. Kiso-Ontake.


==2017.08.04  長野県木曽町 御岳ロープウェイ==
2017年8月4日に長野県木曽町の 「 御岳ロープウェイ」 を利用しました。山頂駅で木曽御嶽山を眺める予定でしたが、雲で見る事が出来ませんでした。
Ontake ropeway in Kiso, Nagano Prefecture.


==2017.08.04  岐阜県高山市 新穂高ロープウェイ==
2017年8月4日に岐阜県高山市の 「新穂高ロープウェイ」 を利用しました。
Shin-Hotaka ropeway in Takayama, Gifu Prefecture.


==2017.08.04  岐阜県高山市 乗鞍岳シャトルバス==
2017年8月4日に 「鞍岳シャトルバス」 を利用して乗鞍畳平まで行ってきました。乗鞍岳は「マイカー規制」で自家用車では行けないのでシャトルバスを利用する事になります。岐阜県側は 「ほおのき平駐車場」 から 「乗鞍畳平 鶴ヶ池駐車場」 まで行けます。偶然、飛翔する雷鳥を撮影出来ました。
Shuttle bus for Mt. Norikura


==2017.08.04  岐阜県高山市 乗鞍畳平 お花畑==
2017年8月4日に岐阜県高山市の乗鞍畳平にある 「お花畑」 を鑑賞してきました。
Field of Alpine Flora on Mt. Norikura


==2017.08.04  乗鞍スカイラインにて雷鳥を目撃==
2017年8月4日の乗鞍畳平訪問の帰路のバスの中から、雷鳥を目撃しました。
Encounter with ptarmigans (Raicho) in Mt. Norikura.


==安房峠==
今回は 「安房トンネル」 では無くて 「安房峠」 を超えてみる事にしました。
岐阜県側は、一部狭い所はあるものの、殆どは二車線の緩い坂の峠道です。
長野県は急斜面に作られた九十九折の1.5車線の道です。岐阜県側に比べて、道路の管理状態も悪い様に感じられました。
<安房峠通過のログ>
安房峠
<安房峠>
安房峠

<2017年8月4日>
道の駅美ヶ原高原 - 上田市 - 菅平 - 須坂市 - 信濃町 - 新潟県妙高市 - 上越市 - 自宅
day03

==2017.08.05  長野県上田市 美ヶ原高原==
2017年8月5日の長野県上田市の道の駅美ヶ原高原の朝の景色です。昨夜は 標高1,970m の この道の駅に車中泊しました。
Morning View from Utsukushigahara in Ueda, Nagano Prefecture.



↑このページのトップヘ