四国に入って一泊目は阿南市に泊まりました。翌9月25日は国道55線を通って海沿いに、室戸岬経由で高知市方向に走る予定だったのですが、ナビでルート予約をしようとしますが、別のルートが出てきて設定できません。どうも室戸岬付近の55号線が通行止めの様です。
しょうがないので、海沿いを諦め、山道を行くことにしました。
ナビで調べると、剣山を通って大歩危に出るルートが面白そうなので、これを設定して その夜は寝ました。
結果として、このルートが今回の四国旅行のハイライトとなりました。まあ、峠道好きな自分好みのルートだったという事です。
<ルート>
01_2015-9-25

<高度プロフィル> 最高地点 1475m (見の越トンネル)
02_高度図

<川井トンネル>
03_川井トンネル

「天空の集落」がいたる所で見られました。
「何で生計を立てているのだろうか?」と、こういう所を走るたびに疑問に感じます。
<山の集落>
04_山の家-1

05_山の家-2

高い所は雲海の中で視界はありませんでした。
<見の越トンネル直前>
06_見の越トンネル直前

<剣山 見の越トンネル>
07_見の越トンネル_剣山

「奥祖谷二重かずら橋」などと言うものがある事を知らず、危うく通り過ぎるところでしたが、看板に気づき10mバックして駐車し、見学しました。駐車スペースは10台分ほどあります。
ここはかなりの高度の場所なのですね。この後で「祖谷のかずら橋」も見ましたが観光地化しすぎていて、こちらの方が遥かに印象深い場所でした。
<奥祖谷二重かずら橋>
08_二重かずら橋

<もう一つの橋>
09_二重かずら橋_二つ目

大歩危も、まだ徳島県なのですね。徳島県の大きさに驚きました。
50年前にここを訪れたのを思い出しながら写真を撮りました。
<大歩危>
10_大歩危

2015年9月23日に自宅を発ち、9月29日に帰着という日程で四国に旅行に行って来ました。
総走行距離は 2,537km, 要したガソリン量は 104リットルでした。
歯が不調のまま出かけ、途中で思わしくなくなって早めに帰ってきた為、不満足な旅程となってしまいました。
高速道路は使わず、いわゆる下道を走るのが基本です。
宿泊は全て車中泊としました。
以下は各日毎のGPSログです。

先ず、全行程のログです。
<2015年9月23日 - 9月29日>
2015-9-20

<2015年9月23日>
自宅発 - 富山市 - 金沢市 - 福井市 -「福井県若狭町 道の駅三方五湖」
2015-9-23

<2015年9月24日>
「道の駅三方五湖」- 京都府京丹波町 - 兵庫県加東市 - 明石海峡大橋 - 淡路島 - 大鳴門橋 - 徳島市 -「徳島県阿南市 道の駅公方の郷なかがわ」
2015-9-24

<2015年9月25日>
「道の駅公方の郷なかがわ」- 徳島市 - 川井峠 -  剣山 - 祖谷かずら橋 - 大歩危 - 高知市 -「高知県須崎市 道の駅かわうその里すさき」
2015-9-25

<2015年9月26日>
「道の駅かわうその里すさき」- 四万十市 - 足摺岬 - 柏島 - 愛媛県宇和島市 - 大須市 -「愛媛県伊予市 道の駅ふたみ」
2015-9-26

<2015年9月27日>
「道の駅ふたみ」- 松山城 - 別子銅山 - 香川県三豊市 - 瀬戸大橋 - 岡山県倉敷市 -「岡山県久米南町 道の駅くめなん」
2015-9-27

<2015年9月28日>
「道の駅くめなん」- 津山市 - 兵庫県朝来市 竹田城址 - 京都府舞鶴市 - 「福井県越前町 道の駅越前」
2015-9-28

<2015年9月29日>
「道の駅越前」- 金沢市 - 富山市 - 新潟県上越市 - 自宅帰着
2015-9-29

Docomoの携帯 F-01Eを買いました。
<F-01E>
F-01E

<F-01A>
F-01A

と言うか、2013年の3月に買ったものを今日から使い始めました。
昨日までは、以前に使っていたF-01Aをそのまま使っていました。
F-01Eを買った時は、ポイントを失効させるよりは、と最新型を買ったのですが、甚だ使いにくい。ストラップの取り付け位置が折り畳み部にしか無い。 
上の写真の様に、F-01Aの端部にストラップを付けて、胸ポケットから楽々と取り出し、即通話できたのに比べ、F-01Eの折り畳み部だと、手の中で向きを変える動作が必要で苦痛でした。
早々にF-01Eの中のFOMAカードをF-01Aに移して、以来ずっとF-01Aを使っていました。
何の不便も無かったのですが、最近相手の声が途切れる現象が出てきたので、 寿命が来たと諦め、再度F-01Eに移行した訳です。
最近は i-mode も解約し、音声通話とSMSとBluetoothハンズフリーが出来れば、安い機種で構わないのですが、「タダより安いものは無い」という事でF-01Eの再登場です。
 

2015年8月27日に自宅を発ち、9月2日に帰着という日程で青森県と岩手県を主に旅行に行って来ました。
これら二県の海岸沿いは以前に全て通っているので、今回は内陸側を主として通るのを目的としました。
今までは避けていた福島県は、帰路に初めて通る事にし、海岸沿いの道を通りました。これで、東北六県の海岸沿いは全て通った事になります。
宿泊は全て車中泊としました。
以下は各日毎のGPSログです。

先ず、全行程のログです。
All Route_Aomori

<2015年8月27日>
自宅発 - 「秋田県 道の駅岩城」
2015_8_27

<2015年8月28日>
「道の駅岩城」 - 十二湖 - 弘前市 - 岩木山 - 「青森県 道の駅浅虫温泉」
2015_8_28

<2015年8月29日>
「道の駅浅虫温泉」 - 斜陽館 - 三内丸山遺跡 - 「道の駅なんごう」
2015_8_29

<2015年8月30日>
「道の駅なんごう」 - 八戸市史跡根城 - 三戸城山公園 - 龍泉洞 - 「岩手県 道の駅みやこ」
2015_8_30

<2015年8月31日>
「道の駅みやこ」 - 浄土ヶ浜 - 早池峰山 - 「道の駅上品の郷」
2015_8_31

<2015年9月1日>
「道の駅上品の郷」 - 松島 - 塩竈市多聞山 - R6 - アクアマリン福島 - 「福島県 道の駅季の里天栄」
2015_9_1

<2015年9月2日>
「道の駅季の里天栄」 - 猪苗代湖 - 六十里越 - 自宅着
2015_9_2

柏崎市石黒を通るドライブの後で、上越市と言うか直江津の「塚田そば店」に昼食を食べに行きました。
ここの店は知る人ぞ知る超有名店なのですが、私も大好きです。冷たい気取った蕎麦の味は分からない私ですが、昔の「駅そば」そのままの味の温かいそばは大好きです。
味はもちろんの事、コストパフォーマンスも凄い。専ら「天婦羅そば」を愛用していますが、280円也。20年くらい昔、各地の小さい駅にあった「駅そば」が続々と無くなっていく頃の「天婦羅そば」は350円くらいではなかったでしょうか。それよりも安い。
更に麺の量が普通の駅そばの1.5倍。天婦羅もでかいというか厚い。粉だけじゃね~か、と言われる方も居られるかもしれませんが、それが良い。価格表の天婦羅の所に(玉ねぎ)と注記が付いていますが、もしかすると天婦羅そばを頼んで、「天婦羅がエビじゃ無い」とゴネた人がいたのではないかと想像されます。
午後2時に付いたのですが、駐車場が満杯、20台程停められる駐車場が満杯。しょうがないので、先にガソリンスタンドで給油してから再訪問。
今日も「天婦羅そば」を頂きました。
ここの店は、「そば」の他に「うどん」と「中華麺」があります。汁は同じで麺だけが異なる。中でも「中華麺」の注文率は高い。いつもの時は、「そば」4に対して「中華麺」6くらいな感じで中華麺が多いな~と感じていたのですが、この日は私だけが「そば」で、その他14名程全員が中華麺。失礼を顧みず、見渡してみましたが全員中華麺でした。
私も「中華麺」を一度試してみましたが、やっぱり「そば」がいいです。
姫路駅の中華麺の「駅そば」も食べたことはありますが、同様の細い中華麺で塚田の方が麺の量が二倍という感じです。
この店は直江津の人に愛されているんですね。子供連れの家族が食べに来ているのを良く見ます。安くて旨いから皆行く。いつも満員。大勢行くから安く出来る。良い循環が出来上がっているのですね。
それでも消費税増税の時には値上げがあった様です。10円とか20円とか・・
ラーメン屋一派の50円~100円値上げは悪ですよね
外観

そば

↑このページのトップヘ