好天に恵まれた 5月24日 (2015)、六十里越えから只見、津川のルートでドライブに行きました。
只見ドライブルート

六十里越えは、新緑と残雪でとても良い感じでした。
六十里越え

只見から先で、「道の駅かねやま」に寄ったら、立派な食堂があったので、ここで昼食にしました。
かねやま

この辺の特産らしい「アザキ大根 高遠蕎麦」にしました。大盛りで 1,000円なり。
この白い、大根おろしとは言い難い、筋張った細切れ大根が「アザキ大根」というものらしい。
そこそこ大根の香りがして、蕎麦はおいしく頂きました。
元々、私は蕎麦の香りや旨さが分からない人間なんですがね。
アザキ大根 高遠蕎麦

このアザキ大根の香りを楽しんで、昨年訪れた敦賀の「はやし」で食べた「おろし蕎麦」を思い出しました。
敦賀 はやし

敦賀 はやし おろし蕎麦

旨いと噂の敦賀の「おろし蕎麦」を食べようと、事前に調べて、なぜか「はやし」をナビにセットして出かけた訳です。
調べた内容通り、そばつゆには大根おろしが入れられた状態で供せられました。
これを蕎麦の皿にぶっかけて頂く訳です。
で、頂いてみると 「??? ..... !!!」
「こりゃだめだ、大根の香りがしない」
日なた臭いというか、「屁」臭いというか、、、、
でも、完食は致しました。
「おろし蕎麦」とは こういうものなんでしょうか?
それとも「はやし」を選んだ私のミスのなのでしょうか?
たしか 600円だったかな。安かった。
 

今回の旅行の主目的地である本州最西端の毘沙ノ鼻に行きました。
小高い丘の様な半島部にあり、霧で霞んでいて景色は見えませんでした。
当然、海に接しているはずなんですが ・・
途中に廃棄物処理場の様なものがあったので、もしかするとそれが見えるのかも ・・

<駐車場の看板>
最西端01


<駐車場から細道を歩く>
最西端02


<毘沙ノ鼻>
最西端03


<本州四端の表示>
最西端04

2015年5月1日に自宅を発ち、5月6日に帰着という日程で、山口県の本州最西端を目指して旅行に行って来ました。
本州最北端(大間崎)、最南端(潮岬)、最東端(宮古市)は制覇したので、最後に残った最西端を訪れるのが主目的です。
基本的には、殆どが初めて訪れる土地なので、海岸線を通る様にしました。但し、帰路の中国地方は内陸通過としました。
宿泊は全て車中泊としました。
以下は各日毎のGPSログです。

先ず、全行程のログです。
All Route_Yamaguchi

<2015年5月1日>
自宅発 -「福井県 道の駅越前」
2015_5_1

<2015年5月2日>
「道の駅越前」- 三方五湖 - 舞鶴 海上自衛隊基地 - 舟屋の里伊根 - 天橋立 - 餘部鉄橋 - 「鳥取県 道の駅大栄」
2015_5_2


<2015年5月3日>
「道の駅大栄」- 出雲大社 - 日御碕 - 「山口県 道の駅萩しーまーと」
2015_5_3

<2015年5月4日>
「道の駅萩しーまーと」- 松陰神社 - 毘沙ノ鼻(最西端) - 「鳥取県 道の駅ポート赤碕」
2015_5_4

<2015年5月5日>
「道の駅ポート赤碕」- 人形峠 -「石川県 道の駅こまつ木場潟」
2015_5_5

<2015年5月6日>
「道の駅こまつ木場潟」- 自宅着
2015_5_6
 

2014年12月27日に自宅を発ち、12月30日に帰着という日程で紀伊半島に旅行に行って来ました。
生まれてこの方、一度も訪れた事が無い紀伊半島です。好奇心一杯で行ってきました。
宿泊は全て車中泊としました。
以下は各日毎のGPSログと簡単な記録です。

先ず、全行程のログです。
00_全貌

<2014年12月27日>
自宅発 - 長野県飯山市 - 松本市 - 伊那市 - 「道の駅 信州新野千石平」
2014-12-27

出発時の長岡市は雪の中で凍っている感じです。
117号線の野沢温泉付近の斜面で大型トラック二台が立ち往生していましたが、さっと追い抜いて先に進みました。
01_長岡

長野盆地には雪はありません。
この後、松本市までの峠道はフレーク状の圧雪でした。
02_長野

愛知県側の「道の駅 豊根グリーンポート宮嶋」まで行きましたが工事中で閉鎖されていたので、一つ戻って、長野県側の「道の駅 信州新野千石平」で泊りました。真夜中は零下8度でした。
03_千石平


<2014年12月28日>
「道の駅 信州新野千石平」- 愛知県豊橋市 - 渥美半島 - 伊勢湾フェリー - 三重県鳥羽市 - 伊勢市 - 尾鷲市 - 和歌山県「道の駅 くしもと橋杭岩」
2014-12-28

渥美半島から鳥羽市まては伊勢湾フェリーを利用しました。
04_伊勢湾フェリー

LNGタンカーとすれ違いました。
05_LNGタンカー

伊勢神宮に行ったのですが、駐車場が満杯で早々に退散、南に進み、和歌山県「道の駅 くしもと橋杭岩」に泊まりました。


<2014年12月29日>
「道の駅 くしもと橋杭岩」- 潮岬 - 御坊市 -田辺市 - 熊野本宮 - 奈良県十津川村 - 五條市 - 天理市 - 名古屋市 - 岐阜県中津川市「道の駅 きらら坂下」
2014-12-29

朝早々に本州最南端 潮岬に行きました。灯台までは行きませんでした。
06_潮岬

海岸線を御坊市まて走り、田辺市まで戻って熊野古道伝いに「熊野本宮」へ行きました。
07_熊野本宮

熊野本宮からは奈良県十津川村を通って五條市に出、後は帰路一直線、無理やり中津川市まで行き「道の駅 きらら坂下」に泊まりました。
十津川村では「谷瀬の吊り橋」の案内板があったのですが「大したものでは無かろう」と無視して通り過ぎましたが、後悔しています。


<2014年12月30日>
「道の駅 きらら坂下」- 長野県松本市 - 長野市 - 新潟県十日町市 - 自宅
2014-12-30

「道の駅大桑」辺りから雪の量が多くなってきました。スタッドレスタイヤを履いているので問題はありません。
08_道の駅大桑

松本市から長野市の間は、往路の峠道は避けて、犀川沿いの国道19号線を通って安全策としました。
帰路は順調で、自宅には午後4時前に到着しました。

2014年10月11日に自宅を発ち、10月13日に帰着という日程で秋田県阿仁と青森県弘前に旅行に行って来ました。
前回、津軽半島に行った時、帰路に阿仁を通ったのですが、夜で何も見えなかったのですが、面白そうな所と感じたので再訪問をしてみました。
宿泊は全て車中泊としました。
以下は各日毎のGPSログです。

先ず、全行程のログです。
全貌

<2014年10月11日>
自宅発 - 山形県飯豊町 - 山形県尾花沢 - 秋田県湯沢市 - 秋田県「道の駅 雁の里せんなん」
2014-10-11
兎に角、目的地に辿り着く為に走り続けました。

<2014年10月12日>
「道の駅 雁の里せんなん」- 秋田県阿仁 - 吉森山 - 弘前市 - 白神スーパーライン -  秋田県「道の駅 ふたつい」
2014-10-12

阿仁はもっと秘境的な所かと期待していましたが、意外と開けた所で失望しました。国鉄の路線もある。
記念に森吉山にリフトで上がりました。丁度、紅葉が真っ盛りで素晴らしい彩でした。
01森吉山山頂
白神スーパーラインは通り抜ける予定でしたが、途中の「アクアグリーンビレッジ」から先は通行止めになっていたので、そこから引き返しました。既に暗くなっていたし、長大なコースなので、進まなくて良かったと思います。舐めた行動は出来ないコースの様です。改めて、再挑戦したいと思います。

<2014年10月13日>
「道の駅 ふたつい」- 秋田県大潟村 - 山形県酒田市 - 鶴岡市加茂水族館 - 新潟県村上市 - 自宅着
2014-10-13

大潟村は広大で驚きました。日本では無いみたい。新潟県にも鎧潟干拓地など広大なところがありますが、足元にも及びません。
帰路にクラゲの水族館「加茂水族館」に寄りました。リニーアルオープンで混んでいましたので中には入りませんでした。古い建物も残っています。
02加茂水族館

↑このページのトップヘ