昨日の記事の様に、旅行中は「すき家」と「まいどおおきに食堂」を多用しています。
この二つの食堂の印象は全く異なります。

==すき家==
04_すき家の席
 ここは朝食に利用する事が多いので、6時に起床すると 7時頃に入る事が多いです。こんな時間でも混んでいる所が多いですよね。これから現場に向かうという感じの作業服姿の人が多いです。若い人も、歳のいった人も
もしかして、これは田舎特有の光景なのでしょうか? 私は都会には近づかないものですから ・・
こういう人たちを見ていると「凄いな! 頑張っているな!」と感じます。
こんな風に、朝のすき家へ行くと活力を頂けます。

==まいどおおきに食堂==
05_まいどの席
ここは、夕食を食べに夕方の六時半頃に伺います。六時前に行くと夕食用の準備中で品揃えが終わっていない事を経験的に知りました。
この時間帯のお客は、色んな人たちがいますが、例えば老齢の夫婦が二人だけで食事していたり、若い母親が小さな子供二人と食事していて、シングルマザーかなと思わせたりして ・・
なぜか人生の哀愁を感じさせる光景を見る事が多いです。
普通の家庭なら自宅で夕食を取るのが普通ですから、この時間に定食屋で夕食を取る人たちは何かしら哀愁を背負った人たちなのかもしれません。