今日 (2018.10.18) 散歩の道すがら、車から見えない道路標識がある事に気が付きました。写真の様に、道路標識が電柱に隠れて、走行している車から見えません。
街路樹の茂った葉っぱで見えなくなる道路標識はよくありますが、この様に構造物で見えないものは珍しいのではないでしょうか。始点や終点を表示している標識ではないのが救いです。
ここは新規に開発された地域なので、標識も電柱も同時期に設置されたのではないでしょうか。「オレ、標識を立てる人」、「わたし、電柱を立てる人」 で、他の事には気が回らないのでしょうかね。
経緯は兎も角、標識は見えなけれはならないものですから、この現状が放置されているのは道路標識の管理者の怠慢でしょう。毎日毎日、何台かのパトカーが通っている筈なんですがね。見えないから気が付かないのでしょうか。アレ?、道路標識の管理者って警察じゃなかったでしたかね?
01uragawa
02uragawa
03omote
04omote