2015年08月

柏崎市石黒を通るドライブの後で、上越市と言うか直江津の「塚田そば店」に昼食を食べに行きました。
ここの店は知る人ぞ知る超有名店なのですが、私も大好きです。冷たい気取った蕎麦の味は分からない私ですが、昔の「駅そば」そのままの味の温かいそばは大好きです。
味はもちろんの事、コストパフォーマンスも凄い。専ら「天婦羅そば」を愛用していますが、280円也。20年くらい昔、各地の小さい駅にあった「駅そば」が続々と無くなっていく頃の「天婦羅そば」は350円くらいではなかったでしょうか。それよりも安い。
更に麺の量が普通の駅そばの1.5倍。天婦羅もでかいというか厚い。粉だけじゃね~か、と言われる方も居られるかもしれませんが、それが良い。価格表の天婦羅の所に(玉ねぎ)と注記が付いていますが、もしかすると天婦羅そばを頼んで、「天婦羅がエビじゃ無い」とゴネた人がいたのではないかと想像されます。
午後2時に付いたのですが、駐車場が満杯、20台程停められる駐車場が満杯。しょうがないので、先にガソリンスタンドで給油してから再訪問。
今日も「天婦羅そば」を頂きました。
ここの店は、「そば」の他に「うどん」と「中華麺」があります。汁は同じで麺だけが異なる。中でも「中華麺」の注文率は高い。いつもの時は、「そば」4に対して「中華麺」6くらいな感じで中華麺が多いな~と感じていたのですが、この日は私だけが「そば」で、その他14名程全員が中華麺。失礼を顧みず、見渡してみましたが全員中華麺でした。
私も「中華麺」を一度試してみましたが、やっぱり「そば」がいいです。
姫路駅の中華麺の「駅そば」も食べたことはありますが、同様の細い中華麺で塚田の方が麺の量が二倍という感じです。
この店は直江津の人に愛されているんですね。子供連れの家族が食べに来ているのを良く見ます。安くて旨いから皆行く。いつも満員。大勢行くから安く出来る。良い循環が出来上がっているのですね。
それでも消費税増税の時には値上げがあった様です。10円とか20円とか・・
ラーメン屋一派の50円~100円値上げは悪ですよね
外観

そば

2015年8月23日に国道353号線を新潟県柏崎市街から十日町市松代まで通ってきました。
2015年8月5日に通った新潟県道25号柿崎小国線に、米山の裏で直交しているルートで、これも初めて通る経験です。
このルートは初めての経験なので通りたいのもありますが、ルートの途中にある柏崎市石黒地区 (旧高柳町石黒地区) に興味があったからです。興味の原因は このサイトで、我々が子供の頃の、昔の越後の田舎生活を良く記録しているなあ、と感心したからです。
石黒に行ってみると、酷い山奥ではありませんが、町(柏崎)からは遠い山の中の集落です。
まばらな集落ですが、現代的な家は少なく、茅葺き屋根に板金カバーをかけた家も何軒か見ることが出来ました。

石黒から松代の間の道を間違ってしまいました。国道353号線ではなく県道275号線を通って松代駅の所に出てしまいました。
ナビの指示のままに行ってしまったのが原因です。残りのルートは再挑戦の必要があります。
地図

石黒1

石黒2

石黒3


201589日に朝日スーパーライン (新潟県村上市朝日 山形県鶴岡市朝日) へ行ってきました。帰りは「笹川流れ」を通って村上市に戻りました。

朝日スーパーラインの通行を計画されている方もおいででしょうから、今回は必要と思われる情報を記述しました。
ルート 

 
































1.  
通行の可否

通行できるかどうかは、村上市の専用ページ (http://www.city.murakami.lg.jp/site/kanko/asahi-superline.html) で確認するのが良いでしょう。

ちなみに、私がゴールデンウイークに通行を計画した時は「残雪で通行不可」でした。今回は「舗装工事で平日は通行不可、土日は通行可」でした。

2.  トイレ

県境から新潟県側にある「ゴールドパーク鳴海」(http://www.city.murakami.lg.jp/site/kanko/narumikinzan.html) にトイレはある様です。「ゴールドパーク鳴海」の2 ~ 3 km 村上側の「鳴海森林公園」(http://www.sake3.com/spot216.html) にもトイレがあるのを横目で確認しましたが、あまり利用したくない雰囲気でした。長大なルートにトイレはこれだけですから、通行前に村上市中心部か、鶴岡市朝日町の国道112号線にある道の駅的施設「産直あさひ・グー」で済ますのをお勧めします。
<ゴールドパーク鳴海>
コ゜ールドパーク鳴海
 

3.  道路状況

新潟県側は舗装部が長く、県境まで10 km位の間が未舗装の砂利道です。かなりの高度差を何回か上がったり下ったりして県境に到達します。山形県側は県境からは下り一方です。下っている間は未舗装の砂利道です。平らになってきて初めて舗装道路になります。

道幅は砂利道を含めて 1.5車線で、ところどころにすれ違い用のエリアが設けられています。ガードレールもカーブミラーも完備していて危険は感じられません。

砂利道は、轍が掘れて中高になっている事は無く、フラットに整備されていて、車高の低い車でも安心して通行できます。
<砂利道>
砂利道
 

4.  展望台

展望台と呼べるのは、県境から新潟県側の、全ルートの最高地点にある記念碑のエリアだけです。これ以外に展望台と呼べる駐車スペースと開けた視界のある場所はありません。只々走り続けるだけが目的の道です。横目で景色を観察し、良さそうな場所では道路に車を停めて景色を楽しみましょう。通行している車も少ないので ・・・。私の場合、すれ違った車は新潟県側で 7~8 台、山形県側で 0 台でした。
<記念碑> 

 記念碑
<眺望>
眺望


201586日に長野県小谷村と新潟県妙高市を結ぶ林道妙高小谷線へ行ってきました。
ルート8-6
 

但し、小谷村側の入り口には「妙高市には行けません」と早々に看板が出ていたので、行けるところまでという事で「雨飾荘」まで行って来ました。

雨飾荘の所の林道入り口には「乙見トンネル工事に依り通行止め。但し、金山登山口までは通行可能」と看板が出ていました。

アブが多数、車に体当たりしてくるので、車からは降りずに、雨飾荘の写真を撮りました。
雨飾荘
 

「林道妙高小谷線」の通行可否の情報は小谷村HPの「小谷を知る」(http://www.vill.otari.nagano.jp/mura/information/)のメニューにある「林道の状況」から分かる様です。

次回はちゃんと確認してから行きたいと思います。

帰りは同じ道を通るのは嫌なので、白馬村から国道406号を通って長野市に出ました。

国道406号も大工事中の場所があり、なかなか大変な道中でした。
 

2015年8月5日に、長岡市小国 - 柏崎市野田 - 小村峠 - 上越市柿崎、新潟県道25号柿崎小国線を通ってきました。
地図を見ていたら柏崎市の米山の裏側に、自分が行ったことの無い空白地帯がある事に気が付きました。米山の海側の国道8号線は数えきれない程通っているのに、これは盲点でした。
これは行かずばなるまい。 
ルート 8_5-2
 
柏崎市野田は米山の真裏で、立派な平野でした。
行くまで知らなかったのですが、野田から柿崎の間は峠道になるのですね。
後でインターネットで調べると「小村峠」と出ていましたが、峠には表示は無かった様な ・・
この峠は標高差もあり中々な峠道で、車で通っていて楽しい峠です。
通行量もありません。私の場合は、写真を撮っている時に追い抜いて行った軽が一台だけでした。

その小村峠中腹から見た野田の平野
まるで桃源郷の様に感じました。
峠から

↑このページのトップヘ