カテゴリ: 買い物

アマゾンで 2021年3月13日に、ドライブレコーダー Changer F2S を買いました。表示価格で ¥12,900.- でしたが、¥3,000.- OFF のクーポンが付いていて、実支払いは ¥9,900.- となりました。

コロナの状況がそこそこ落ち着いてきたら車旅行を再開するつもりですが、今まで不満があったドライブレコーダーを、再開に備えて更新したものです。
以前に記事にした Apeman製 C470 はリアカメラとし、フロントカメラは ユピテル DRY-ST3000P を使っていました。

ユピテル DRY-ST3000P は、GPS搭載で時間は正確だし、画像はしっかり撮れているし、不満はなかったのですが、問題は Apeman C470 です。
Apeman C470 は画質は甚だ綺麗なのですが、GPS搭載ではないので時間が狂ってくる上に、何かの拍子に時計がリセットされてしまい、全く無関係な日付と時間になってしまいます。このリアカメラを更新する為に検討をはじめました。

私の経験的には、フロントカメラよりリアカメラの方が重要だと思います。フロントカメラ側の、対向車との危険状態は経験ありませんが、リアカメラ側の、後続車からのアオリ行為や近似の状態は何度か経験があります。
GPS機能は、位置座標の記録はあまり必要性を感じませんが、時計の時間補正機能は必須です。狂った時間記録はドラレコの記録価値を半減させます。
と言うことで、GPS機能付きのリアカメラに使うドラレコを探し始めたのですが、調べていくと、GPS機能付き機は前後2カメラ撮影機が多いことに気づき、そこそこの価格で、中国製ながら評価が高いレビューの多い Changer F2S にしました。この結果、Apeman C470 と合わせて、フロントカメラの ユピテル DRY-ST3000P も取り外すこととなりました。
Changer F2S には Lexar製 32GB SDカードが付属していましたが、今まで使っていた 32GBのドラレコ用高寿命SDカードと入れ替えました。

Changer F2S に交換して良かった事
1. 前後カメラ画像が一つのSDカードに記録される。前後カメラ別々で2つのSDカードを管理することに比べ、大幅に楽です。
2. 時計がGPS補正で正確である。時間狂いの心配がない。
3. 一つの時計に依る時間が前後カメラ画像に記録され、前後カメラ間の時間のズレの心配がない。
4. ベースと本体はマグネット接続になっており、簡単に分離できる。今まで狭い所で手探りでやっていた分離が、嘘のように楽になりました。
マグネット接続
5. WiFi接続で、専用アプリ (LuckyCam) によりドラレコ画像を見ることができる。又、すべての設定変更がアプリ上からできる。画像を見ることはあまり使う機会はないと思いますが、設定変更がスマホから行えることは非常に便利です。
6. 画質は満足できる。下のサンプル動画を参照ください。

と言うことで、本品には非常に満足しています。中国製ゆえの耐久性については使って見ないとわかりませんが ・・
これに、ケーブル接続無しで無線で電源供給できれば、私が求めているドライブレコーダーの究極的姿といえます。

取扱説明書はインターネット上に無い様です。PDF版取扱説明書が必要な方は ここ からダウンロードください。

アマゾンで 2021年2月12日に、ロジクール PCスピーカー Z407 を買いました。アマゾン販売品で ¥9,000.- でした。

この記事の様に、昨年の5月に 4Kテレビ SHARP AQUOS 4T-C50BN-1を買いました。以来、YouTubeを主体に楽しんできたのですが、最近、ジャズのビデオを見ていましたら、ベースのソロの所で、指は動いているのに音がしない感じで違和感を感じました。
YouTubeに多くある 「スピーカーの性能テスト」 の内の一つで 「低周波数再生テスト」 で調べてみると、100Hzは聞こえるが、それ以下のHzでは音が出ていない感じです。これの対策として本品を買いました。発売から時間が経っておらず、評価件数があまり多くなくて参考にできないのですが、サブウーハが付いているんだから低音性能はあるんだろう、との判断です。低音性能を謳っている他のスピーカーより、遥かに低価格であることも、もちろん判断の材料です。
50インチテレビの上面にスピーカーを設置するため、ディスプレーラックもアマゾンで同時に買いました。¥2,780.- でした。

スピーカーは横配置にして設置しましたが、若干上向きになるデザインで、斜め下方向の視聴席に方向変換する為に、ダイソーのタブレットスタンドを二個買いました。二個で ¥220.- でした。
ダイソー スタンド

最終的な設置状態は下のようになりました。
設置状況

設置の効果は ・・・・ 大変いいんじゃないでしょうか。低音も ズンズンと響きますし ・・
前記の 「低周波数再生テスト」 で調べてみると、40Hz迄は聞こえます。それ以下は聞こえません。聞こえないのはスピーカーのせいなのか、私の耳のせいなのか、は不明です。
全体の音のバランスとか、特にオーディオマニアではない自分には、何の問題も感じられません。
大満足の買い物だったというのが結論です。

<2021.03.18 追記>
その後、YouTube主体に視聴してきたのですが、不満が溜まりました。
なんと言うか、キレが感じられない音なんですね。ボンボン言っているような音で、素人考えでは、高音側の解像度が悪いのでしょうか ・・
そのせいか立体感が感じられなくて、スピーカー別に音を鳴らすステレオテストで確認して、配線ミスが無い事を確認したこともあります。
我慢が出来なくなり、本日スピーカーシステムを入れ替えました。
以前の記事で書きました 「ONKYO製アクティブスピーカー」 と 「ヤマハ製サブウーハ」 をテレビ側に移し、本品はパソコンに接続してある USB-DAC に接続し、パソコンから鳴らす様にしました。実際、パソコンからの音は USD-DAC へ接続したヘッドフォンで聞くことが殆どなので、本品の出番はあまり無くなった事になります。
交換した 「ONKYO製アクティブスピーカー」 と 「ヤマハ製サブウーハ」 で YouTube の音楽番組を聞くと ・・
いゃ~、素晴らしいです。キラキラと 輝いた音がします。
この 「ONKYO製アクティブスピーカー」 と 「ヤマハ製サブウーハ」 の価格は 25,000円程度の低価格品でしたが、本品の2.5倍ですからね。音質の差は仕方がないのかもしれません。

近くのコメリで 2020年10月1日に、エアロビックステップ IMC-98 を買いました。¥2,100.- でした。
<アマゾンのリンク>

アマゾンを含めた他のネットショップ価格よりも、コメリのネットショップ価格が安かったので、近くのコメリ実店舗で買いました。アマゾンでの表記は 「中国製」 となっていますが、購入した現品の表記は 「台湾製」 となっていました。
「2020年9月 19~23日 東北への旅行」 の記事で書きましたように、秋田県湯沢市の 「小安峡大噴湯」 の高低差 60m の階段の登り降りのせいで、翌日から、足が強烈な筋肉痛になり、階段や斜面の歩行が困難になりました。
これの対策として日頃の鍛錬を考え、神社の石段の登り降りを検討したのですが、ここら辺は平野で、近くに石段がある神社はありません。仕方がないので、「踏み台昇降」 運動が代わりになるのではないかと考えて、本品を買いました。踏み台昇降は、有酸素運動によるダイエットが主たる目的の様ですが、その方法からして、階段の昇降に要する筋肉の鍛錬にも使える筈、と考えました。
YouTubeに 「踏み台昇降」 のやり方番組が多くありますが、その中から一つを選んで、毎朝、YouTubeを見ながら運動しています。
効果の程は ・・・ あるんじゃないでしょうか? ただ、足が疲れる前に、息が切れます。

アマゾンで 2020年9月18日に、LEDフラッシュライト ThruNite T1 を買いました。¥4,895.- でした。
車に積んでおく非常時用フラッシュライトとして買いました。
以前に、超強力に明るいフラッシュライトは買ってあったのですが、超強力ゆえに単一電池4本または6本駆動で、本体ボデーも長くて強力で、この様なフラッシュライトを車に積んでおくと、警察に凶器と判断されるとの事でしたので車載は止めました。
で、強力に明るいながら、凶器とは判定されえないコンパクトボデーの本品を買う事にしました。
サイズ
このコンパクトさから、アームレスト中に簡単に収納でき、取り出しも簡単になりました。
マイクロUSBで充電されますので、電池切れの心配がなく、車内設置のUSBケーブルで充電出来ます。更に、万一充電切れの状態になっても、モバイルバッテリーから充電しながら、最低光量ながら照明出来ます。
帽子のつばに取り付けて、ヘッドライトとして利用が出来ます。
帽子取付
車旅行では、このヘッドライトとしての利用が、最も頻度が多そうな気がします。
更に、底面はマグネットになっているので、鉄類に取り付ける事が出来ます。両手が必要な作業には便利かもしれません。
まあ実際の所、非常用であり、そんなに出番は無いんですがね ・・
万一の時の備えです。

取り扱い説明書のPDF化は実施してありますので、欲しい方がおられるかも知れませんが ・・
YouTubeに、本品の評価記事が多数あり、情報も多いので、そちらを視聴する事をお勧めします。

2020年4月30日に、近くのケーズデンキで 4Kテレビ SHARP AQUOS 4T-C50BN-1 を買いました。¥110,000.- でした。他に、録画用ハードディスクに ¥10,000.-、古いテレビのリサイクル料 ¥4,400.- が掛かり、合計の出費は ¥124,400.- でした。

新型コロナウイルスの緊急経済対策として、一人当たり10万円の 「特別定額給付金」 が支給される事になったので、これの使い道としてフライング気味に買った訳です。
実際、手続き開始二日目の5月2日に、市役所のHPから申請書書式のPDFをダウンロードし、記入して即日郵送しました。その結果、5月19日に無事に10万円が振り込まれました。クレジット会社から代金を引落しされたのは 6月29日 でしたから、フライング気味と言っても、日程的には物凄く余裕のあるものでした。

ここ 15年以上、テレビは全く見ないのですが ・・・ 見ても食事の時にニュースや天気予報を見る程度 ・・・ テレビを買ってしまいました。
「特別定額給付金」で何を買おうか、悩みに悩んだんですが、買いたいものがありません。車なら買いたいけれど、10万円ではチョット無理で ・・
で、YouTube を見る事を目的に、50インチの 4Kテレビを買いました。YouTubeはパソコンのディスプレーで見ていて特に不満は無かったのですが、最近 4Kの散歩番組などを見る様になり、大画面で見たら良いだろうな、とは思っていたのです。これを満たすために買いました。
SHARP AQUOS 4T-C50BN-1 に決めたのは、店で見て満足な画質だったのと、YouTubeを見るなら Androidテレビが有利なんじゃないか、との勝手な判断です。
購入以来ずっと Youtube を主体に見てきました。パソコンと半々くらいの比率でしょうか。なぜ 100% の視聴にならないのか? 意外な盲点がありました。
画質に関しては何の不満もありません。ただ、テレビ版の YouTubeアプリでは、動画部分は再生されても、コメント欄が表示されません。どこかに表示させる設定があるのか調べましたがありません。
初めて気が付きました、YouTube の面白さは 動画部半分、コメント欄半分、なのですね。少なくとも私の場合 ・・
Webブラウザで表示させればコメント欄も表示されましたが、画面が全画面でなくなるし ・・
で、テレビで動画を見ながら、同じ動画をタブレットで開いてコメント欄を読む ・・ などの方法を取っています。さもなくば、後日パソコンでコメント欄を楽しむ。
これは全く、意外な盲点でした。

↑このページのトップヘ