カテゴリ: 買い物

昨年12月の この記事 の様に、WD製ハードディスクがトラブルを起こし、代わりに Seagate製の 4TBハードディスクに入れ替えた訳ですが、トラブルを起こしたWD製ハードディスクは保証期間内だったので RMA (返品保証) 処理を行いました。高額商品では無いし、国内返送料金は自腹だし、パソコンのハードディスク用ベイは既に満杯だし、で迷ったのですが、その内に使い道が出来るかも知れないと考えて RMA処理を行いました。
WDの RMAに関するページは下記にあります。

2月9日に、ハードディスクのシリアル番号から RMAの登録を行いました。
すぐに RMA番号の確認メールが届きました。
「サービスオペレーションセンターは新年の2月14から22日までクローズしております。その期間RMAの処理または代替品の発送ができかねております。オーストラリア、ニュージランドそしてアジア太平洋地域ではこの時期発送が遅れる可能性があることをご了承ください。」とのコメント付きでした。こんな時期の正月休みは中国かなと思ったのですが、実はベトナムでした。

同2月9日に、ヤマト運輸で現品を返送しました。料金は 807円 掛かりました。
梱包方法など煩い事が指定されていますが、常識的且つ合理的に改変した梱包方法にしました。
返送先はアルファベットで記載された住所が指定されていますが、漢字で書けば以下の様になります。
「〒108-0022 東京都港区海岸3-29-1 三菱倉庫東京支店 C号倉庫 WD RMA Receiving 気付」

3月3日に、代品が自宅に配達されました。輸送会社は FedEx、「ゆうパック」 で到着しました。
箱や invoice が薄いフィルムで何層かに覆われ、どこから開けて良いものやら不明の 「フラストレーションフリー」 とは真逆の梱包でした。
Konpo-01
箱の中の状態は、RMAで指示されている梱包方法通りの立派なものでした。
Konpo-02
下が本RMAのステータスレポートです。
WD_Status
さて、このハードディスクは新しい使い道が見つかるまでは、保管しておくだけです。

最近 Youtube で、色々な Youtuber に依る 「2017年に買って良かったもの ベスト〇位」 を見ていたのですが、「まあ、そんなもんか」 と魅力を感じるものは無かったのですが ・・。
一つだけ惹かれるものがありました。それは 「ロボット掃除機」 です。もともと 「ルンバ」 なる高額ロボット掃除機がある事は知っていたのですが、「そうか! 中華製低価格ロボット掃除機があるのか!」 と気付かされた訳です。
で、アマゾンで 「ECOVACS製 DEEBOT MINI」 を買って、本日 (2018.02.11) 到着しました。¥17,215.- でした。

一万円しない、更に低価格なロボット掃除機もあるのですが、エアロバイクの下に敷いてあるマットと、椅子に依る傷防止の為に敷いてあるクッションフロアシートの段差を乗り越えられて、かつコンパクトサイズの本機にしました。

実は、自室の掃除用として、車の床面清掃を兼ねて 「日立製 こまめちゃん」 は持っていたのです。

その辺のへなちょこハンディクリーナーと違って 「吸込仕事率:240W」 と超強力な 「こまめちゃん」 は気に入っていたのです。
私の部屋は八畳間の洋室なのですが、ベッド、大型バソコンラック二つ、収納チェスト三本、ハンガーラックが置かれていて、開いている床面は半分位しかありません。更に、ベッド、大型バソコンラック二つ、収納チェスト一本とハンガーラックは床面との間に隙間があり、ここの掃除は、ベッドマットを外したり、家具を移動したりしなければ出来ません。コンパクトな 「こまめちゃん」 でも出来ません。その結果、これらの隙間は一年以上、掃除無しで放置する事になります。これを、今回購入した 「ロボット掃除機」 が解決する事になります。

本機が到着して早々に充電し、試運転を行いました。
開いた床面をあっちこっち走り回るのは当然として、ベッドなどの下の隙間に潜り込んで走り回るのは感動ものです。
30分ほどの試運転で、綿ボコリでダストボックスが満杯になりました。ベッドと床面の隙間をのぞき込んでみましたら、綿ボコリは綺麗に無くなっていました。但し、白い粉状のものが床面に残っています。これも毎日、毎日の掃除で綺麗になっていくものと期待しています。
本機の導入で、より健康的な生活が送れそうな気がします。



今日 (2018.01.28) の昼頃に外出する事にしました。いつもの様に暖機運転の為に、自室からリモコンスターターでエンジンを始動しました。しかしリモコンの表示は ERROR となってしまいます。「あれ、変だな」 と言う事で、車の所へ行きましたがドアが開きません。スマートキーに内蔵されているメカニカルキーを取り出して、ドアは開きました。
smartkey01
乗り込んでエンジン始動スイッチを回そうとしましたが回りません。メカニカルキーで始動する場所を探しましたが見つかりません。
これは「バッテリー上がり」 だな、と無駄な抵抗は止めて、車内に常備してある 「ジャンプスターター」 で始動する事にしました。
「ジャンプスターター」 は、二年前程にアマゾンから購入してあった以下のものです。
ジャンプスターターを使うのは初めての経験だし、更にはエンジンルームを開けるのも、この車を買ってから初めての経験だし ・・ と言う状況だったのですが、なんと一発でエンジンが始動しました。こんな小さな物で! 凄い!
そのまま近くのディーラーに向かいました。いつもの様に停止の度に 「アイドリングストップ」 するのですが、再起動しないのではないかとひやひやしました。
ディーラーのサービス担当が言う事には 「典型的なバッテリー上がりですね。5年持ったのは長い方ですよ」
と言う事で、早速バッテリー交換をしてもらいました。

「ジャンプスターター」 でのエンジン始動の良い練習になりました。更に次回に必要なった時の、この 「ジャンプスターター」 への安心感が生まれました。
今回は自宅での出来事だったので 「ジャンプスターター」 が無くても対処法は多くあったのですが、これが旅先で持っていなかったとすれば、かなりのパニックに陥ったものと思います。
「ジャンプスターター」 は 「車での旅行」 の必需品ですよ。カメラやカセットコンロ以上に ・・

昨年の二月に購入しました Suaokiポータブル電源 PS5B に関して、販売元の BuyUwish から ACアダプターを交換する旨、1月6日にメールがありました。交換の理由がはっきりしない事と、インターネット上の情報では 「充電速度」が遅くなるとの事から、お断りしたのですが、再度 「ACアダプタ充電器の充電は速ければ速いほど良いのではないです。充電が速いと、AC電流からDCへの変換もはやくなり、充電中に発熱の可能性がございます。」 とメールがあったので、交換をお願いしました。

その交換ACアダプターが本日 (2018.01.27) 到着しました。
送付された梱包箱の外側に貼付されていたアダプターメーカー meiyangpower の 「お知らせ」 では、下記の如く記載されていました。
「以前に購入いただきましたポータブル電源の付属品の AC アダプターは技術上の問題で使用につれ出力効率が悪化する可能性があることを発見したため、ポータブル電源本体の損傷を考えた上で、従来品より性能の高いスマートアダプターを交換 (無償提供) させていただきます。」
又、アダプターに添付されていた Suaoki の説明書では、下記の様に記載されていました。
「このたびは、suaokiポータブル電源 PS5B のアダプタ充電器は全面的に更新しました。最新のアダプタ充電器は使用寿命や安全性能などが大幅に向上されました。新型アダプターを体験させるため。元のアダプター充電器は使用しないで、自己処理してください。」

何事も「爆発」することで有名な中華製の中にあって、今回のSuaoki の予防的対処は、肯定的にとらえるべきものと思います。
下に、旧品と交換品の銘板表示を示します。
<旧品>
01-Previous
<交換品>
02-New
Output電流が、旧品 2.8A 表示に対し 交換品は 2.0A 表示になっています。
交換品に「CAUTION: RISK OF INJULY. Other types of batteries may burst causing injury to persons and damage. Risk of electric shock and fire. Dry location use only.」 と注意表示がされているのが目を引きます。なんか 「旧品を使い続けると爆発するぞ」 と脅かされている様な気がするのは気のせいでしょうか?

で、旧品と交換品の発熱の程度を測定しました。
充電量三目盛状態のポータブル電源に対し 30分間の充電を行い、それぞれの表面温度を測定しました。
室温は 22℃ で、開始時の各アダプターの表面温度は 20℃ 程度でした。

==旧品==
開始時充電速度
03-Pre-Start
 終了時充電速度
04-Pre-End
終了時表面温度 ・・ 46.8℃
05-Pre-Temp

==交換品==
開始時充電速度
06-New-Start
 終了時充電速度
07-New-End
終了時表面温度 ・・ 42.8℃
08-New-Temp

やっぱり充電速度は遅くなりますね。
表面温度の違いは、大した事はないですね。でも、30分の充電時間の結果ですから ・・  最終的にサチッた温度は違うのかも知れません。どっち道、旧品は使う積りは無いので、評価はここまでとしました。

==2018.02.28 追記==
本アダプターはリコール扱いとなった様です。
「PS5B用ACアダプター交換・回収のお知らせ」   を参照ください。

昨日の記事 の様に、ハードディスクが逝かれまして、何とか各ファイルが見えているタイミングで、設置してある NAS に ファイルのコピーを行いました。
結果として、動画ファイル 五つほどが破損していてコピー出来ず、その他は救済、写真のファイルは、殆ど救済出来た感じです。ファイル数が多すぎて確認出来ず。
この、緊急作業の過程で、設置してある LAN 速度が致命的に遅い事に気付きました。1TB近くのデータファイルで あまりにも時間が掛かり過ぎです。逝かれているハードディスクのご機嫌を取りながらの作業ですから、甚だストレスを感じました。
原因は LAN 速度が 100 Mbps の為です。インターネットとの接続速度が 100 Mbps なので、LAN速度も 100 Mbps にしていました。今回の経験から インターネット接続速度は別にして、LAN速度は 1000 Mbps に変更する事にしました。
で、BUFFALO スイッチングハブ LSW4-GT-5EPL を、2017年12月16日に買いました。アマゾンで ¥1,718.- でした。

他に買ったものは、LANケーブル、代表は 5m物の下記の物で ¥333.-、その他 合計 4本

設置済みの 100 Mbps のスイッチングハプ を本品に取り換え、各パソコンと NAS との間のケーブルを張り替えました。
結果は ・・ 素晴らしい。大きい動画ファイルは、転送速度 110MB/s 位出ますね。仕様通りです。
こんなに低価格で出来るのに、なぜ今までやらなかったのか、我ながら、不思議です。

↑このページのトップヘ