カテゴリ: 買い物

アマゾンで 2020年3月1日に、下のコンパクト財布を買いました。¥2,499.- でした。

昨年春以来、キャッシュレス化の流れに合わせて、私もキャッシュレス化に取り組み、行き着くところに行き着いたので、改めて財布の見直しを行い、このコンパクト財布を買いました。某YouTubeチャンネルでの紹介が決定的でした。

今までは、この記事にある様に、お札、小銭、運転免許証、健康保険料、医院診察券、銀行カード、クレジットカード類、ポイントカード類等、通常必要となるもの全てを、一つの財布に収めていました。
現在は、
1. スマホに入れた 「iD」、「Mobil SUICA」、「PayPay」 で支払いを行う。又、ポイントカードもモバイル版を用いる。これで90%の支払先がスマホで行える様になりました。
スマホ
G Pay 
ポイント
2. 車のガソリンは、従来通り 車のキーと一緒にしてあるシェルのEasyPayを使う。スマホの 「iD」 でも支払い出来ますが、EasyPay支払いだと更に 1円/L 安くなるので ・・
EasyPay
3. 常時携行する本コンパクト財布には、お札、小銭、家の鍵、運転免許証、銀行カードを収納し、サイドポケットに常用クレジットカード一枚を入れています。
現金は医院や一部の現金主義の店舗用で必要ですし、クレジットカードは、PayPay対応店でもカスタマースキャンの店舗用です。カスタマースキャンよりクレジットカード払いが遥かに簡単ですから ・・・
外観 中身
4. 医院の診察券類、健康保険証、理髪店用カードは、ダイソーのカードケースに入れてあります。
1.5月に一回程度の通院や散髪には、このケースを追加で持って行きます。
病院
5. 携行しないクレジットカードは、カードホルダーに入れて自宅保管です。
クレジットカード
このコンパクト財布のお陰で、身も心も軽くなりました。

2020年5月24日に、コジマ楽天市場店で 「Buffalo製 外付けSSD SSD-PM240U3A-B」 を買いました。¥3,980.- でした。

バッファロー 外付けSSD SSD−PMU3Aシリーズ ブラック[ポータブル型/240GB]SSD−PM240U3A−B
バッファロー 外付けSSD SSD−PMU3Aシリーズ ブラック[ポータブル型/240GB]SSD−PM240U3A−B

近々失効する楽天ポイントがあるので、無駄にしない様に無理やり買った様な感じです。特に外付けSSDが欲しかったという訳ではなく、他に買いたいものが無かったというのが実際です。

<SDカードから外付けSSDへ、スマホでファイル転送>
折角買ったSSDですので、旅行中に撮った 「動画ファイルのストレージ」 として使えれば、と下記の試験を行いました。
「スマホにUSBハブを接続し、本SSDと、SDカードを挿したカードリーダーの二個をハブに挿して、この二つのメモリー間をスマホでファイル転送する。」
使ったUSBハブは、「Buffalo USB2.0 4ポートハブ BSH4UMB04BK」 です。本品は OTG対応品です。 

 使ったスマホは Aquos Sense3 SH-M12 で、接続は下の写真の様に行いました。
<接続状態>

接続
1. 外付けSSDには、スマホからのバスパワーで電源供給されました。
2. スマホの認識直後に 「Baffalo製メモリーのフォーマットが必要」 と警告が出たので、そのままスマホでフォーマットしました。
(後で調べると exFATでフォーマットされていました。この直前に NEXUS7 に接続した時、同様の警告で行ったフォーマットで、FAT32になっていたせいかもしれません。本SSDの標準は NTFSですので、そのままなら OKかも?)
3. ファイルマネジャーを開くと、二つとも USBメモリーとして認識されています。
<ファイルマネジャー>

ファイルマネジャー
4. ファイルマネジャーで SDカードを開き、中のファイルをコピーして、SSD側に張り付けると ・・・ 貼り付けられます。当然ですかね?!
私にとっては意外なほど簡単で、驚きました。

これで、旅行にパソコンを持って行かなくても、カメラ内のデータを外付けSSDに移すことが出来ます。
但し、転送速度は試験を行っていないので不明です。
時間が掛かった場合は、スマホの電池が心配ですが、下記の「給電機能付きアダブター」を追加して、モバイルバッテリーからSSDに給電させながら、ファイル転送できる事を確認してあります。

YouTube を見る時にはヘッドフォンをして見るのですが、見た後でヘッドフォンを外すと、耳が不快だと最近思っていました。耳が湿って蒸れた感じで、痒い時もあります。季節は冬だし、ヘッドフォンは Audiotechnica の ATH-AD500X で開放型にも関わらず ・・ です。
ヘッドフォンを見てみると、イヤパッドが相当にくたびれてきて、剥げも目立っていました。蒸れはともかく、この状態では新品のヘッドフォンを買わねばならぬかと思い始めたのですが、調べてみると 「イヤパッド」 だけで交換部品として売っているのですね。
で、早速買いました。アマゾンでも ¥2,700.- で売っていたのですが、楽天の店で同じ ¥2,700.- で買いました。楽天ポイントを使いたかったからです。
で、今日現品が到着したので、早速交換しました。
左右を間違えない様に、外したものと新品とを見比べながら、片側づつ行いました。取説に記載はあるものの、相当にきついので、無理やり力ずくで嵌める感じです。
交換したペットフォンを使用してみると ・・・ いい!
新品同様の綺麗な外観になった事も良いのですが、意外にも、耳の不快感が無くなりました。古いイヤパッドはヘタって高さが低くなり、耳がパッドの内部に接触していたのですね。新しいパッドでは、耳は空中に浮いた状態で、不快感が無くなりました。
これでまた暫く、ATH-AD500X を使う事になりました。

<新品イヤパッド>
イヤーパッド
<交換前>
交換前
<交換後>
交換後

スキャナーの内部を開けてみましたら、紙の粉らしきホコリがそれなりに目立つので清掃する事にしました。
取扱説明書の清掃の項目を読むと、スキャン回数に応じて送りローラーやセンサー部を清掃する為の専用クリーナー液の説明があり、これは手配しました。しかし、内部表面に付着した粉ホコリの清掃については
「清掃などの目的でエアスプレーおよびアルコールなどを含むスプレーは使用しないでください。スプレーから噴射される強い空気によって、ほこりなどが内部に侵入し、故障やの異常の原因となることがあります。」
と書かれていましたので、ウエットティッシュ位で拭き取ればよいか、と考えながら YouTube にあった同機種の清掃動画を見てみました。
この人の場合は「サイバークリーン」なる固めのスライムみたいなもので、表面のホコリ類を取っていました。 「オー、これはいいわ」 と言う事で、これを買う事にしました。

なんかこんなもので、貧乏人には買いにくい微妙な価格で即手配とは行かず、百均にはないのかと調べてみましたら、ありましたですよ ・・ダイソーの 「ふしぎなジェル」
即、買いに行きました。当然 108円です。
ふしぎなジェル
これはスキャナーのホコリ取りばかりでなく、キーボードやパソコン周りの清掃に便利です。液体じゃないのでこぼす心配もありません。
もしかして、アマゾンで売っている高価格品は清掃性能が高いのでしょうか? 兎も角、私の場合はこの108円のもので満足でした。

2019年3月11日に、ヤマダ電機で 「泉精器製 電動シェーバー IZF-V558-N」 を買いました。¥3,645.- でした。
==IZF-V558-N アマゾンのリンク==

店頭価格は税抜きで 5,000円以上していた様ですが、ヤマダ電機のネットショップでは税込み 3,645円で販売している事を事前調査済みなので、この価格にしてもらいました。実店舗で買ったのは、PayPay残高で支払いたかったからです。
有名メーカーの電動シェーバーは 1万円以上するのは普通ですし、中には 3万円を超える機種もある様です。貧乏人にはとても買えない価格ですので、破格に低価格な本機種にしました。低価格とは言えアマゾンでも価格コムでも、なかなかの高評価で、「安物買いの銭失い」 にはならない感じなのも選択のポイントです。
使ってみた感じは ・・・ いい感じです。
もともとレザー派ですし、電動シェーバーは殆ど使ったことが無いのですが、非常に綺麗に剃れると感じました。特に、顎の下側が綺麗に仕上がる事に驚きました。
車での旅行中に使っている このシェーバー は、余り綺麗に仕上がらず、特に顎の下側は剃り残しが多くて不満でした。そんな関係で、常用はしていませんでした。
こんな価格でこれだけ良いのなら、3万円越えの機種は 物凄いんだろうな、と思わせるものがあります。
と言う事で、久しぶりに満足感の高い買い物をしました。

↑このページのトップヘ