カテゴリ: 買い物

先日の記事の様に、Google Home Mini を旅先の高知市のケーズデンキで買いました。そのまま帰宅まで車の中で使っていたのですが、帰宅後も、やっぱり車の中で使う事になりました。
で,付属のACアダプターは当面不要となるので片づけておくことにしました。
<アダプター>
アダプター
片づけるに当たり仕様を確認しようとしたのですが ・・ 確認できません。
丸い ACプラグの差し込み側面に何やら記載されている様にも見えるのですが、読めません。
これは老眼のせいかと、先日の記事の「ルーペ付LEDアームライト」で拡大してみたのですが、読めません。
<そのままの写真>
そのまま
これは老眼とかの問題ではなく、表示されているものが、地の部分に対しコントラストが無い為に見えないのだと気が付きました。
で、写真に撮って画像ソフトのガンマ補正でコントラストを強調してみました。
<コントラスト強調写真>
強調
なんとか読める様になりましたね。
大事な仕様値だけ下に転記します。
==================================================
Input/輸入: 100-240V AC 0.4A 50-60Hz  Output/輸出: 5V DC 1.8A
==================================================

この様に読みにくい「読んで貰わなくていいや」的表示と言うのは、日本の法令的に許されるものなのでしょうか?
私の現品だけが薄い印刷なのでしょうか? 皆さんは読めましたか?

2018年4月12日に、オーム製 ルーペ付きLEDアームライト OAL-L8066-W を Yahooショッピング内の Joshin web で買いました。6,440円でした。溜まっていた 5,185ポイント を使ったので、実支払 1,255円でした。
実は Amazon の方が安かったのですが、期間固定Tポイントの 5,000ポイントを消費したかったので、Yahooショッピングで買いました。

「Yahoo Jpanカード」に入会したので、特典の期間固定Tポイントの 5,000ポイントが入ったのです。
Tカードとしては、アプラス提携の「TUTAYA T-CARD PLUS」を永らく使って来ました。入会当初から、このアプラスなるクレジット会社には良い印象が無かったのですが、クレジット利用が無いと年会費が発生するなど、嫌気がさしていたのです。
そこに年会費永久無料で、入会特典T-ポイント5,000ポイントが付き、ツタヤでレンタル利用ができる T-CARD機能がある「Yahoo Japanカード」を見つけ、即入会しました。「TUTAYA T-CARD PLUS」は即解約しました。

そんな訳で、ポイント消費が目的の品物選びとなり、またまた老眼対策の本品を買う事になりました。
机の局部照明には、同じオーム電機製の AL106BL を永らく使って来ました。このLEDアームライトは AL106BL の代わりにもなる様です。
<AL106BL>
al106bl
もしかすると、この AL106BL は 50年前位に買った様な気がしますが、違いますでしょうか?

<2018.07.15 追記>
暫く使った結果、一部を手直しました。
普通にルーペとして使う分には全く問題無いのですが、
ルーペ
ルーペ部に蓋が付いていて閉じられる様になっています。即ち、閉じて普通の手元照明として使える様になっています。
手元照明として使うとき、ランプが斜め上方にあって、明るいLEDランプの光が直接目に入ってしまい、実用に耐えません。
ダイソーでエプロンを買ってきて、折り畳んでシェードとして取り付けてみました。このエプロンは100円では無くて、50円でした。50円商品もあるのですね!

シェード1

シェード2
これで私の場合、手元照明のシェードとして効果を発揮し、全く問題がありません。
但し、もっと高い位置からの照明の場合は、もっと長いシェードが必要となるでしょう。
元々の商品に、それなりのシェードが付属していると、最高の商品になるのですがね ・・・


2018年5月31日に、AIスピーカー Google Home Mini を旅先の高知市のケーズデンキで買いました。税込 6,480円でした。この種の物は通販で最安値を探してから買うのが常なのですが、調べてみると何処で買っても同じ値段の様なので、旅先で買ってしまいました。
google-home-mini
この5月25日から6月3日にかけて車で旅行に出ていました。
旅先での車窓から見える事柄の中には、もっと知りたいとか、疑問に思う事があるものです。そんな場合は、スマホに入れてある 「Googleアシスタント」 に音声で問い合わせします。時刻などの簡単な問い合わせには音声で回答があるのですが、疑問点など多くの場合は 「下記のウエブページの記載を見てください」 と文字で出ます。車を運転中にウエブページを見るわけにもいかず、疑問が疑問のまま残ってしまいます。これを Google Home Mini なら音声で回答してくれるのではないかと期待して購入した訳です。
実際、音声で回答されます。「すみません。お役に立てそうにありません」 と回答される場合もありますが、8割方の質問には「Wikipediaに依れば、・・・・・です。」 と音声で回答されます。運転中でも疑問が解決されます。
ただし音声読み上げされるのは、最初の一行分程度で超エッセンスな内容に留まります。これが10行分位の読み上げが出来ると、そうとう内容が濃いものになるのですがね。
それと、本機には GPSセンサーが内蔵されていない事が、車載用としては不満点です。

本機の車内設置は ・・
電源はマイクロUSB接続なので、車内に標準設置してあるケーブル接続で間に合いました。
WiFiはスマホ (Arrows M02) のティザリングで賄いました。
設定用の 「Google Homeアプリ」 はタブレットPC (Nexus7) にインストールしました。そんなに苦労する事無く、ケーズデンキの駐車場の中で本機は稼働を開始しました。

スマホに入れてある SIM は 「OCNモバイルONE」 の 110MB/日のものなのですが、車運転中は節約モードにして容量無制限の 200kbps にしています。運転中に使うデータ通信の最大のものは 「Yahooカーナビ」 で、節約モードにする以前は、丸一日の運転で 110MB の容量を殆ど使い切っていました。容量無制限の 200kbps にしても 「Yahooカーナビ」 は順調に作動するので、最近は節約モードで使っています。これに 「Google Home Mini」 が加わってどうなるかと思いましたが 「Yahooカーナビ」 も 「Google Home Mini」 も順調に作動しています。「OCNモバイルONE」 の節約モード (容量無制限 200kbps) は甚だ便利です。

<2018.05.10 追記>
付属の ACアダプターの仕様に関する記事 を上げました。

昨年12月の この記事 の様に、WD製ハードディスクがトラブルを起こし、代わりに Seagate製の 4TBハードディスクに入れ替えた訳ですが、トラブルを起こしたWD製ハードディスクは保証期間内だったので RMA (返品保証) 処理を行いました。高額商品では無いし、国内返送料金は自腹だし、パソコンのハードディスク用ベイは既に満杯だし、で迷ったのですが、その内に使い道が出来るかも知れないと考えて RMA処理を行いました。
WDの RMAに関するページは下記にあります。

2月9日に、ハードディスクのシリアル番号から RMAの登録を行いました。
すぐに RMA番号の確認メールが届きました。
「サービスオペレーションセンターは新年の2月14から22日までクローズしております。その期間RMAの処理または代替品の発送ができかねております。オーストラリア、ニュージランドそしてアジア太平洋地域ではこの時期発送が遅れる可能性があることをご了承ください。」とのコメント付きでした。こんな時期の正月休みは中国かなと思ったのですが、実はベトナムでした。

同2月9日に、ヤマト運輸で現品を返送しました。料金は 807円 掛かりました。
梱包方法など煩い事が指定されていますが、常識的且つ合理的に改変した梱包方法にしました。
返送先はアルファベットで記載された住所が指定されていますが、漢字で書けば以下の様になります。
「〒108-0022 東京都港区海岸3-29-1 三菱倉庫東京支店 C号倉庫 WD RMA Receiving 気付」

3月3日に、代品が自宅に配達されました。輸送会社は FedEx、「ゆうパック」 で到着しました。
箱や invoice が薄いフィルムで何層かに覆われ、どこから開けて良いものやら不明の 「フラストレーションフリー」 とは真逆の梱包でした。
Konpo-01
箱の中の状態は、RMAで指示されている梱包方法通りの立派なものでした。
Konpo-02
下が本RMAのステータスレポートです。
WD_Status
さて、このハードディスクは新しい使い道が見つかるまでは、保管しておくだけです。

最近 Youtube で、色々な Youtuber に依る 「2017年に買って良かったもの ベスト〇位」 を見ていたのですが、「まあ、そんなもんか」 と魅力を感じるものは無かったのですが ・・。
一つだけ惹かれるものがありました。それは 「ロボット掃除機」 です。もともと 「ルンバ」 なる高額ロボット掃除機がある事は知っていたのですが、「そうか! 中華製低価格ロボット掃除機があるのか!」 と気付かされた訳です。
で、アマゾンで 「ECOVACS製 DEEBOT MINI」 を買って、本日 (2018.02.11) 到着しました。¥17,215.- でした。

一万円しない、更に低価格なロボット掃除機もあるのですが、エアロバイクの下に敷いてあるマットと、椅子に依る傷防止の為に敷いてあるクッションフロアシートの段差を乗り越えられて、かつコンパクトサイズの本機にしました。

実は、自室の掃除用として、車の床面清掃を兼ねて 「日立製 こまめちゃん」 は持っていたのです。

その辺のへなちょこハンディクリーナーと違って 「吸込仕事率:240W」 と超強力な 「こまめちゃん」 は気に入っていたのです。
私の部屋は八畳間の洋室なのですが、ベッド、大型バソコンラック二つ、収納チェスト三本、ハンガーラックが置かれていて、開いている床面は半分位しかありません。更に、ベッド、大型バソコンラック二つ、収納チェスト一本とハンガーラックは床面との間に隙間があり、ここの掃除は、ベッドマットを外したり、家具を移動したりしなければ出来ません。コンパクトな 「こまめちゃん」 でも出来ません。その結果、これらの隙間は一年以上、掃除無しで放置する事になります。これを、今回購入した 「ロボット掃除機」 が解決する事になります。

本機が到着して早々に充電し、試運転を行いました。
開いた床面をあっちこっち走り回るのは当然として、ベッドなどの下の隙間に潜り込んで走り回るのは感動ものです。
30分ほどの試運転で、綿ボコリでダストボックスが満杯になりました。ベッドと床面の隙間をのぞき込んでみましたら、綿ボコリは綺麗に無くなっていました。但し、白い粉状のものが床面に残っています。これも毎日、毎日の掃除で綺麗になっていくものと期待しています。
本機の導入で、より健康的な生活が送れそうな気がします。



↑このページのトップヘ