カテゴリ: 買い物

2019年2月16日に、ヤマダ電機で 「Buffalo製 無線LANルーター WSR-1166DHP3-BK」 を買いました。¥4,330.- でした。
<アマゾンのリンク>

店頭価格は税込みで 約6,000円でしたが、ヤマダ電機のネットショップでは送料無料で税込み 4,330円で販売している事を事前調査済みなので、この価格にしてもらいました。実店舗で買ったのは、PayPay残高で支払いたかったからです。Yahooショッピングは、2月からPayPay残高支払い対応と言っていましたが、未だに対応していないので ・・

本品は中継機として使います。今まで使ってきた中継器は、この記事 にある 「WHR-1166DHP4」 です。この 「WHR-1166DHP4」 に特に不満は無いのですが、唯一気掛かりな点は LANポートの仕様が 100Mbps である点です。これを 1,000Mbps に向上させる為の理由で 「 WSR-1166DHP3」 を買いました。
実は、インターネット回線は永らく私の名義の「ぷらら」を使ってきたのですが、今回家族の都合で、家族名義の「Softbank」回線に変更したので、この 「Softbank」回線の実力を見てみたかったのも理由の一つです。
以下が比較の結果です。

ぷらら回線 -- 親機(WHR-1166DHP) ~~ 中継機(WHR-1166DHP4) --<100Mbps>-- PC
<ぷららスピードテスト代表例>
Plala_Speed
Softbank回線 -- 親機(光BBユニット2.3) ~~ 中継機(WSR-1166DHP3) --<1,000Mbps>-- PC
<Softbankスピードテスト最大値例>
Softbank_Speed
Softbank回線の速度は、測定時刻に依って様々な値を示しますが、いずれも ぷららの時より大きな値を示します。これは矢張り中継機のLANポートが 1,000Mbps になったせいでしょう。ぷららを本中継機でテストしなかったことが悔やまれますが、多分同等の速度が出ていたのではないかと想像します。
以前と比べて速度が 2~3倍になったのですが、普通にネットをやる分には何の向上も感じられません。逆に、レスポンスが悪くなった様な気がするのは ・・ 気のせいでしょうか?

2018年12月6日にビッグカメラ新潟店で  (3軸ジンバル, 4Kカメラ) DJI OSMO POCKET を買いました。価格は ¥44,895.- でした。
これはアマゾンのリンクです。価格は どこで買っても同じですよ。

これの発売のニュースを見た時は驚きました。今まで旅の記録に使っていた Sony DSC-RX100 での手持ち撮影では、手振れや画面の傾きなど、自分の技量の無さに辟易していて、噂のアクションカム  「GoPro Hero7 Black」 を買って、更には 「ジンバル」 も買わなくてはならないかな、などと検討していたのです。出費が多くて貧乏人には辛いな、と思っていた矢先、本品が発売されました。早速、購入を決めました。
更には 「PayPay」 なるものも開始され、この前作成した 「Yahoo Japan カード」 ともフレンドリーなシステムで、「100億円キャンペーン」 なるものを利用しない手はありません。当市には PayPay 対応の家電量販店は有るのですが、カメラ屋系の店舗はありません。と言う事で ビッグカメラ新潟店 までわざわざ足を運んで予約しました。
現品の出荷にはトラブルがありまして、結局入手したのは 12月19日 でした。
以来、初期設定を始めましたが、現在使っているスマホ 「Arrows M02」 には 「OTG機能」 が無い事には驚きました。しょうがないのでタブレット 「Nexus7」 で設定を行いました。これも Micro USB 接続です。Osmo Pocket の入出力は USB Type-C のオスとメスがあり、種々のアダプター、ケーブルが必要となり、これらを買いました。






これらの小物でかなりの出費になるのは貧乏人には辛い事です。
アクチベーションは、ユニバーサルポートに挿した付属の USB Cアダブターから、タブレットのMicro USBポートに OTG接続で無事に完了しました。(もしかするとこの接続は、OTGは不要で、単なる通信ケーブルで良いのかもしれません。)
底面の充電用ポートからスマホと接続して、設定変更や撮影の操作が出来る事を説明している YouTube記事がありますが、私は未だ成功していません。タブレットからは記録メディアとして認識されてしまいます。まあ、パソコンと接続して、動画データを吸い出すには便利なんですがね。手配したケーブルやアダプターが全て到着したら、この辺の関係を再度洗い出す必要があります。
基本的な撮影モードには 「固定」、「フォロー」、「FPV」 があるのですが、水平方向だけ撮影する 「お散歩動画」 は 「固定」 が良い様ですが、上下方向にも時々傾けて撮影する私の場合は 「フォロー」 が向いていると結論付けました。
<フォローモード の試験例>


=2018.12.25 追記==
各種接続状態での挙動を確認しました。

1. ユニバーサルポートの付属USB-Cアダプターと Nexus7 との接続
1-1. 通信USBケーブル経由
接続し、Pocket の電源 ONによりマイモーメントアプリが自動的に立ち上がる。続いて、撮影操作画面に切り替わり、撮影画面表示と操作ボタンが表示され操作可能になる。
1-2. OTGケーブル経由
当然ながら 1-1 と同じ挙動となる。OTG機能は不要と言う事になる。

2. 底面の充電用USB-Cポートと Nexus7 との接続
2-1. ユニバサルポートのUSB-Cアダプターが出たまま接続できる状態の時
通信ケーブルの場合も OTGケーブルの場合も、接続に依り マイモーメントアプリが自動的に立ち上がるが、撮影操作画面には切り替わらず、切り替えも手動で出来ない。
2-2. ユニバーサルポートのUSB-Cアダプターを収納状態にして接続できない状態の時
2-2-1. 通信USBケーブル経由
接続し、Pocket の電源ONによりマイモーメントアプリが自動的に立ち上がる。続いて、撮影操作画面に切り替わり、撮影画面表示と操作ボタンが表示され操作可能となる。
2-2-2. OTGケーブル経由
当然ながら 2-2-1 と同じ挙動となる。OTG機能は不要と言う事になる。

3. 底面の充電用USB-Cポートと Win10 PC のUSBポートとを 通信用USBケーブルで接続
3-1. ユニバサルポートのUSB-Cアダプターが出たまま接続できる状態の時
電源OFFのOSMO Pocket を接続すると、そのまま Pocket へ充電が始まる。Pocket の電源を入れると、Pocketに 「充電中、スマートフォンアダプターを外して PCに接続 OK?」 と表示される。スマートフォンアダプターを外して OK を押すと、バソコンから USB機器として認識され、バソコンで Pocket内のファイル操作が可能となる。
3-2. ユニバーサルポートのUSB-Cアダプターを収納状態にして接続できない状態の時
電源OFFのOSMO Pocket を接続すると、そのまま Pocket へ充電が始まる。Pocket の電源を入れると、Pocketに「PCに接続しますか?  拒否、同意」 が表示される。「同意」 を押すと、バソコンから USB機器として認識され、バソコンで Pocket内のファイル操作が可能となる。

結論的には、
1. OTGケーブルは不要で、普通の 通信USBケーブル で全ての接続が出来る。
2. 底面の充電ポートからも撮影操作が可能である。
3. パソコンへ接続して、パソコンからファイル操作ができる。
4. 既に検証済みですが、モバイルバッテリーなどから Pocketに充電しながら撮影を続ける事ができる。
です。


旅先で YouTube などを見る時にイヤホンを使っていますが、やはりケーブルが邪魔な存在です。ぞんざいな片づけ方をすると、次に使うときに苦労したりして ・・
そんな訳で、一度はワイヤレスのものを試したかったので買いました。左右分離型のイヤホンもありますが、中華製の安い製品のレビューコメントでは 「片方が聞こえなくなった」 とかのトラブルで 「星一つ」 が一定量あります。そんなトラブルは避けたいので、左右が連結されたタイプのものにしました。
現品は 12日に到着し、今日 (13日) にトライを行いました。
Bluetooth のペアリングはすぐに出来ましたし、音もトラブルなく聞こえました。聞こえた音に関しては、良い音だと感じました。オーディオファンでは無い自分には、特に不満はありませんでした。

取扱説明書は例のごとく豆でしたので、パソコンで見える様に PDF化しました。
「Q30 Plus 取扱説明書」  のリンクを設けましたので必要な方はダウンロード下さい。


2018年9月2日にアマゾンで NikoMaku HUD ヘッドアップディスプレイ HBX67 を買いました。タイムセール価格で ¥2,533.- でした。
HUD に関しては余り心を惹かれるものは無いのですが、価格が安かったので 「試しに使ってみるか」 的なノリで買いました。GPS式なので電源接続だけで使用できるし、邪魔で余計な情報表示が無く、スピードの表示だけなのが本機にした理由です。その後、二回の旅行を経て評価が出ましたので、それらを含めて記したいと思います。

==スピードメーターを見る頻度==
1. 他車の後ろを走る場合
私は、車の流れに乗って走る事にしていますので、他車の後ろを走る場合は前車のスピードに合わせて付いていきます。60km/h 制限の道を前車が 80km/h で走っていても、私も 80 km/h で付いていきます。全走行時間の 70% は、この場合に当てはまるでしょう。この場合、スピードメーターを見る必要がありません。
2. 単独で走る場合、または車列の先頭を走る場合
この場合、私は法定速度の 10km/h 増しで走る事にしています。60km/h 制限の道なら 70km/h で走ります。さもないと後続車をイライラさせ、無理な追い越しや、あおり運転を誘発し、事故発生の危険が増大するからです。但し、家並みのある道路では、50 km/h なり 40 km/h なり、指定速度通りで走ります。
この場合、スピードは時々確認します。特に、速度低下していないか気を配ります。
全走行時間の 30% は、この場合に当てはまるでしょう。
こんな具合ですから、スピードメーターを見るのは、そんなに頻繁ではありません。時々 ・・ と言う程度ですから、車設置のスピードメーターを見る事で何の問題もありません。HUD で前面ガラスに写して常時監視する必要はありません。でも、試しに使ってみるかと買ったわけです。

==前面ガラスの表示位置==
DisplayPosition
表示位置は前面ガラス正面の下端、下端の右端、等試してみましたが、最終的には上記写真の位置がベストと判断しました。即ち、定速走行時の 「前車の屋根の少し上方」 です。私の場合、走行時の視線の原点は前車の背面の中心付近 (星印の位置) にある様です。常に視線はこの位置にあり、必要に依り、右を見たり、左を見たり、路面状態確認のため下方向を見たりして、最後はまた原点に戻ります。これらの繰り返しです。
HUD の表示を原点の上側にすることにより、表示が上記の左右と下方の視認の邪魔になりません。信号機や標識の確認は、斜め上方の確認となり、これの邪魔にもなりません。運転中の色々な視認作業を邪魔しないのは原点上方のみです。
HUD 設置の目的は、視線移動を少なくする事にある訳ですから、原点上方で視線移動の少ない位置 「前車の屋根の少し上方」 がベストと判断しました。尚、添付されていた反射フィルムは利用せず、前面ガラスに直接反射させています。余り強い反射にならず、気にならない表示で良い感じです。

==実使用後の感想==
今回の二回の旅行を含めて使ってみた感想としては、「そこそこ使える」 です。「素晴らしい!」 「画期的だ!」 と言うものではありません。上記の表示位置にしたので、視界の邪魔 と言う事もなく、常時は無視しておいて、必要な時にスピード確認が出来ます。実際、車設置のスピードメーターを見る事は殆ど無くなりました。
こんな事から、暫くは使い続ける積りです。

取扱説明書へのリンク です。必要に応じて DL 下さい。

先日の記事の様に、Google Home Mini を旅先の高知市のケーズデンキで買いました。そのまま帰宅まで車の中で使っていたのですが、帰宅後も、やっぱり車の中で使う事になりました。
で,付属のACアダプターは当面不要となるので片づけておくことにしました。
<アダプター>
アダプター
片づけるに当たり仕様を確認しようとしたのですが ・・ 確認できません。
丸い ACプラグの差し込み側面に何やら記載されている様にも見えるのですが、読めません。
これは老眼のせいかと、先日の記事の「ルーペ付LEDアームライト」で拡大してみたのですが、読めません。
<そのままの写真>
そのまま
これは老眼とかの問題ではなく、表示されているものが、地の部分に対しコントラストが無い為に見えないのだと気が付きました。
で、写真に撮って画像ソフトのガンマ補正でコントラストを強調してみました。
<コントラスト強調写真>
強調
なんとか読める様になりましたね。
大事な仕様値だけ下に転記します。
==================================================
Input/輸入: 100-240V AC 0.4A 50-60Hz  Output/輸出: 5V DC 1.8A
==================================================

この様に読みにくい「読んで貰わなくていいや」的表示と言うのは、日本の法令的に許されるものなのでしょうか?
私の現品だけが薄い印刷なのでしょうか? 皆さんは読めましたか?

↑このページのトップヘ