暇つぶしには音楽が最適だろうと言う事で、音楽が聴ける環境を作りました。
Amazon のレビューでは大変に好評ですし、日本製ですし、素人にも使いやすそうなので これにしました。
但し Amazonの「出品者」の価格は 29,800.- などと、とんでもなく高額な事と、Amazon 自身が販売する時も高めの価格です。Amulec 自身のサイトでは送料別で 14,500.- で買えるのですが、クレジットカードが使えないので不便です。
結局、Yahooショッピングの中にある Amulec Store で買いました。送料込みで 16,000.- でした。

この USB-DAC をパソコンに取り付けて、手持ちのヘッドフォンで音質を確認して、「素晴らしい、こりゃやっぱりスピーカーが要るな」と言う事でスピーカー類を買いました。
先ず、アクティブスピーカーとして Onkyo の GX-D90 を買いました。デジタル入力を持ったアクティブスピーカーでは最低価格品ではないでしょうか。

低音の補強も必要だろう、と言う事で サブウーファー Yamaha の YST-SW010 を買いました。これも ウーファーとしては最低価格品ですね。
USB-DAC と アクティブスピーカーを繋ぐ デジタル同軸ケーブルを Amazon で買いました。

更に、再生ソフトとして TuneBrowser をパソコンにインストールしました。曲数500曲までは無償版が使えます。
「foober2000」というのが定番ソフトらしいですが、TuneBrowser の方が素人には使いやすい様です。
TuneBrowser3_10

これらを接続して色々な音楽データを聞いてみると 「わ~、素晴らしい!」の一言です。文字ではお伝えできないのが残念です。こんなに低価格のビンボー人向けのシステムで、こんな音が出るなんてデジタル技術は素晴らしいですね。
因みに、投資金額は 16,000 + 17,222 + 8,281 + 960 = 42,463.- でした。

価格調査の過程で分かったのですが、アナログだろうが、デジタルだろうが、超高級なオーディオ機器は大昔と変わりなく、超高価格な世界なのですね。USB-DAC でさえ 50万円超の機種がゾロゾロあります。まあ、ビンボー人には無関係な世界です。

その他の使用機器は
パソコンは Core i5-4570搭載の Window10 64bit ショップBTO機 (Windows7からUpgrade) 
ヘッドフォンはかなり以前に買って使っていた audio-technica の ATH-AD500X です。