タグ:ポータブル電源

昨年の二月に購入しました Suaokiポータブル電源 PS5B に関して、販売元の BuyUwish から ACアダプターを交換する旨、1月6日にメールがありました。交換の理由がはっきりしない事と、インターネット上の情報では 「充電速度」が遅くなるとの事から、お断りしたのですが、再度 「ACアダプタ充電器の充電は速ければ速いほど良いのではないです。充電が速いと、AC電流からDCへの変換もはやくなり、充電中に発熱の可能性がございます。」 とメールがあったので、交換をお願いしました。

その交換ACアダプターが本日 (2018.01.27) 到着しました。
送付された梱包箱の外側に貼付されていたアダプターメーカー meiyangpower の 「お知らせ」 では、下記の如く記載されていました。
「以前に購入いただきましたポータブル電源の付属品の AC アダプターは技術上の問題で使用につれ出力効率が悪化する可能性があることを発見したため、ポータブル電源本体の損傷を考えた上で、従来品より性能の高いスマートアダプターを交換 (無償提供) させていただきます。」
又、アダプターに添付されていた Suaoki の説明書では、下記の様に記載されていました。
「このたびは、suaokiポータブル電源 PS5B のアダプタ充電器は全面的に更新しました。最新のアダプタ充電器は使用寿命や安全性能などが大幅に向上されました。新型アダプターを体験させるため。元のアダプター充電器は使用しないで、自己処理してください。」

何事も「爆発」することで有名な中華製の中にあって、今回のSuaoki の予防的対処は、肯定的にとらえるべきものと思います。
下に、旧品と交換品の銘板表示を示します。
<旧品>
01-Previous
<交換品>
02-New
Output電流が、旧品 2.8A 表示に対し 交換品は 2.0A 表示になっています。
交換品に「CAUTION: RISK OF INJULY. Other types of batteries may burst causing injury to persons and damage. Risk of electric shock and fire. Dry location use only.」 と注意表示がされているのが目を引きます。なんか 「旧品を使い続けると爆発するぞ」 と脅かされている様な気がするのは気のせいでしょうか?

で、旧品と交換品の発熱の程度を測定しました。
充電量三目盛状態のポータブル電源に対し 30分間の充電を行い、それぞれの表面温度を測定しました。
室温は 22℃ で、開始時の各アダプターの表面温度は 20℃ 程度でした。

==旧品==
開始時充電速度
03-Pre-Start
 終了時充電速度
04-Pre-End
終了時表面温度 ・・ 46.8℃
05-Pre-Temp

==交換品==
開始時充電速度
06-New-Start
 終了時充電速度
07-New-End
終了時表面温度 ・・ 42.8℃
08-New-Temp

やっぱり充電速度は遅くなりますね。
表面温度の違いは、大した事はないですね。でも、30分の充電時間の結果ですから ・・  最終的にサチッた温度は違うのかも知れません。どっち道、旧品は使う積りは無いので、評価はここまでとしました。

==2018.02.28 追記==
本アダプターはリコール扱いとなった様です。
「PS5B用ACアダプター交換・回収のお知らせ」   を参照ください。

アマゾンで「Suaokiポータブル電源 120000mAh/400Wh」を買いました。車載してドライブ旅行中の各種の電源にする為です。特に冬の寒冷期に於ける暖房用電源としての利用が最大の目的です。

他に買ったものは「セルスター インバーター HG-150/12V」
車のシガーソケットから直接 DC12V で充電出来るケーブルも付属していますが、満充電出来ない事と充電速度が 34W 程度と遅いのが欠点です。これでは、夜間の暖房で消費した電力を昼間の走行で回復する事は不可能です。(説明書に依ると DC24V車では満充電が可能な様です。)
家庭のコンセントからと同等の充電を行うには シガーソケットDC12V => インバーターAC100V => 付属ACアダプターDC29.4V => ポータブル電源 とする必要があります。
この機種はアマゾンの カスタマーQ&A に使用例があったので選択しました。矩形波出力なので心配しましたが、全く問題なく使用できています。
この方式で充電すると、ポータブル電源の充電レベルに依りますが、70~80W 程度と DC12V直接の場合の 2倍以上の充電速度が出ます。これは家庭用コンセントからの場合と同じです。付属のACアダプターの出力が DC29.4V なのがミソだと思います。
このインバーターの定格出力は 120W なので、この用途には最適で、コストパフォーマンスも良いと思います。
 セルスター(CELLSTAR) パワーインバーターミニ(DC12V専用) HG-150/12V

<充電中の表示>
LCD

他に買ったものは「なかぎし 敷き毛布 140×80cm NA-023S」
肝心の暖房装置「電気毛布」です。ポータブル電源の AC100V 出力に繋いで使用するので、一般家庭用途の電気毛布で良いので選り取り見取りですが、アマゾンで「ベストセラー1位」のこれにしました。
定格は 55W と表示されていますが、ポータブル電源に繋いで ON状態では 60W程度と表示され ON-OFF制御で温度制御されています。消費電力は 設定「低」で 3Wh/h、設定「中」で 18Wh/h と説明書に表示されています。実際もこの通りだとすると、このポータブル電源 400Wh で、設定「中」18W で使用できる時間は 400 ÷ 18 = 22時間と言う事になります。
実用的には 7割程度と安全側に考えても 15時間の使用可能時間があります。ドライブ旅行の就寝時間を 8時間としても十分な余裕があると言えます。
家庭内のベッドでのトライでは 設定「低」で十分に暖かいので、車内使用でも「中」を超える必要は無いのでは無いかと想定しています。
ついでながら、このポータブル電源の AC100V 出力は最大 300W と大きく、かつ正弦波出力なのが素晴らしい所です。
 
夏場の暑さ対策用として強力扇風機の使用には耐えるでしょうが、コンパクトエアコンやコンプレッサー式冷蔵庫の使用までは、さすがに無理な容量ではあります。

==補足事項==
この車載電源充電システムを搭載したのは ホンダ フィットシャトル ハイブリッド です。この車で頻繁に発生する「アイドリングストップ」での充電システム側のトラブル発生が心配事項でしたが、半日程の試験走行では全くトラブル発生は有りませんでしたので、全く問題なしと判断しました。
但し、他の車種の「アイドリングストップ」での挙動は不明です。

== 2017.04.10 追記 ==
一部の数値に誤りがありましたので、正しい数値に修正しました。
英日版の 取扱説明書のリンク を設けました。必要な方はダウンロードして下さい。
 
==2018.01.19 追記==
akihabaraBANKINYA のビデオ  に依ると、Suaoki から 500Wh級の新機種が 今年の三月に発売されるとの事です。このビデオ内では、最後の方で画面に表示されます。インターネットを検索しても情報は無いのですが、彼独自の情報網から得た情報と思われます。

==2018.01.27 追記==
メーカーから送付された 「改良型ACアダブター」 に交換しました。
こちらの記事 を参照ください。

==2018.04.03 追記==
「改良型ACアダブター」 が付属されている改良版モデルが発売されています。
http://amzn.asia/1BMSnVT
新製品 G500 も発売されています。
http://amzn.asia/cac28zH


↑このページのトップヘ