タグ:マイマップ

昨年までの二年間は夏の旅行先として北海道に行っていましたが、今年は何処か別の所にすることにしました。そうなると 「暑さ対策」 が必須となりますが、夜間中エアコンをつけっぱなしにするのも常識を疑われます。そうすると、自然現象を利用して標高の高い地点を宿泊場所にするしかないと思われます。
高度が 100m 上がると気温は 0.6℃ 下がると言われていますから、標高 0m の場所で 30℃ でも 標高 1,000m の場所では 24℃ と快適な状態になります。
と言う事で、酷暑期の宿泊場所となり得る 「道の駅」 と 「駐車場」 の位置情報の KMLファイルを作りました。尚、標高 750M 以上の地点を集めてあります。
== 標高の高い車中泊場所 ==
HighElevSpot
皆様の中で このデータが必要な方は下のリンクからダウンロードしてください。

これを Googleマイマップに読ませて、目的地を Googleマップのナビに渡してナビゲーションさせるのが普通なのでしょう。でも、私は 「Googleマップ」 のナビは嫌いなので、「ロケスマ」 に この KML を読ませて、「ロケスマ」 から 「Yahooカーナビ」 にデータを渡して目的地検索が行えるようにしました。
方法は以下の様に行います。
1. 「ロケスマ」 に KML を読ませる。方法は 「ロケスマ」「KML」 でネット検索すると出てきます。甚だ簡単です。
「ロケスマ」 には下の画面の様に表示されます。
ロケスマ表示
2. 行きたい地点をクリックします。すると地点名、標高、トイレの有無などが確認できます。
地点クリック
「ルート検索」ボタンを押せば
3. ナビ選択画面になるので 「Yahooカーナビ」 をクリックすれば
ナビ選択
4.「Yahooカーナビ」 が立ち上がって 「ルート選択」 画面が表示されます。
カーナビ画面
5. 後はルートを決定して車をスタートさせれば良い。

カーナビとして比較した場合、YahooカーナビがGooleMapsより使いやすいので、Yahooカーナビを常用しています。
更に、純正カーナビも併用していますが、Yahooカーナビはカーナビそのもの「道案内」として使い、純正カーナビはもっと表示範囲を広げた上で、北を常時上側表示にして、自分が何処ら辺を走っているのか、地理的位置の把握が出来る様にしています。この「カーナビ」と「地理的位置把握」の分業は、知らない土地の旅には大変有用です。
今回の北海道旅行では、Yahooカーナビに代えてGoogleMapsカーナビを使う機会もありました。
今回の北海道旅行では、事前に Google マイマップに「主要な訪問ポイント」を入れたものを作成し、いつでも見れる様に準備しておきました。この登録済みポイントに行く場合、GoogleMapsに表示させたマイマップのポイントを選んで「案内ボタン」を押せば「ルート表示」に切り替わり、即カーナビ状態に移行します。
即ち、あらかじめ準備してある「マイマップ」のポイントに行く場合、GoogleMapsカーナビは即立ち上がって案内開始されます。これは便利です。
==「北海道主要訪問ポイント」のマイマップ==
Point
更には、前回 (2015年) の時に通った道以外を今回は極力通る為の情報として、「2015年に通ったルート」のマイマップも準備して置き、いつでも見れる様にして置きました。
==「2015年に通ったルート」のマイマップ==
Route

↑このページのトップヘ