タグ:取扱説明書


旅先で YouTube などを見る時にイヤホンを使っていますが、やはりケーブルが邪魔な存在です。ぞんざいな片づけ方をすると、次に使うときに苦労したりして ・・
そんな訳で、一度はワイヤレスのものを試したかったので買いました。左右分離型のイヤホンもありますが、中華製の安い製品のレビューコメントでは 「片方が聞こえなくなった」 とかのトラブルで 「星一つ」 が一定量あります。そんなトラブルは避けたいので、左右が連結されたタイプのものにしました。
現品は 12日に到着し、今日 (13日) にトライを行いました。
Bluetooth のペアリングはすぐに出来ましたし、音もトラブルなく聞こえました。聞こえた音に関しては、良い音だと感じました。オーディオファンでは無い自分には、特に不満はありませんでした。

取扱説明書は例のごとく豆でしたので、パソコンで見える様に PDF化しました。
「Q30 Plus 取扱説明書」  のリンクを設けましたので必要な方はダウンロード下さい。


2018年9月2日にアマゾンで NikoMaku HUD ヘッドアップディスプレイ HBX67 を買いました。タイムセール価格で ¥2,533.- でした。
HUD に関しては余り心を惹かれるものは無いのですが、価格が安かったので 「試しに使ってみるか」 的なノリで買いました。GPS式なので電源接続だけで使用できるし、邪魔で余計な情報表示が無く、スピードの表示だけなのが本機にした理由です。その後、二回の旅行を経て評価が出ましたので、それらを含めて記したいと思います。

==スピードメーターを見る頻度==
1. 他車の後ろを走る場合
私は、車の流れに乗って走る事にしていますので、他車の後ろを走る場合は前車のスピードに合わせて付いていきます。60km/h 制限の道を前車が 80km/h で走っていても、私も 80 km/h で付いていきます。全走行時間の 70% は、この場合に当てはまるでしょう。この場合、スピードメーターを見る必要がありません。
2. 単独で走る場合、または車列の先頭を走る場合
この場合、私は法定速度の 10km/h 増しで走る事にしています。60km/h 制限の道なら 70km/h で走ります。さもないと後続車をイライラさせ、無理な追い越しや、あおり運転を誘発し、事故発生の危険が増大するからです。但し、家並みのある道路では、50 km/h なり 40 km/h なり、指定速度通りで走ります。
この場合、スピードは時々確認します。特に、速度低下していないか気を配ります。
全走行時間の 30% は、この場合に当てはまるでしょう。
こんな具合ですから、スピードメーターを見るのは、そんなに頻繁ではありません。時々 ・・ と言う程度ですから、車設置のスピードメーターを見る事で何の問題もありません。HUD で前面ガラスに写して常時監視する必要はありません。でも、試しに使ってみるかと買ったわけです。

==前面ガラスの表示位置==
DisplayPosition
表示位置は前面ガラス正面の下端、下端の右端、等試してみましたが、最終的には上記写真の位置がベストと判断しました。即ち、定速走行時の 「前車の屋根の少し上方」 です。私の場合、走行時の視線の原点は前車の背面の中心付近 (星印の位置) にある様です。常に視線はこの位置にあり、必要に依り、右を見たり、左を見たり、路面状態確認のため下方向を見たりして、最後はまた原点に戻ります。これらの繰り返しです。
HUD の表示を原点の上側にすることにより、表示が上記の左右と下方の視認の邪魔になりません。信号機や標識の確認は、斜め上方の確認となり、これの邪魔にもなりません。運転中の色々な視認作業を邪魔しないのは原点上方のみです。
HUD 設置の目的は、視線移動を少なくする事にある訳ですから、原点上方で視線移動の少ない位置 「前車の屋根の少し上方」 がベストと判断しました。尚、添付されていた反射フィルムは利用せず、前面ガラスに直接反射させています。余り強い反射にならず、気にならない表示で良い感じです。

==実使用後の感想==
今回の二回の旅行を含めて使ってみた感想としては、「そこそこ使える」 です。「素晴らしい!」 「画期的だ!」 と言うものではありません。上記の表示位置にしたので、視界の邪魔 と言う事もなく、常時は無視しておいて、必要な時にスピード確認が出来ます。実際、車設置のスピードメーターを見る事は殆ど無くなりました。
こんな事から、暫くは使い続ける積りです。

取扱説明書へのリンク です。必要に応じて DL 下さい。

前の車にはドライブレコーダーが取り付けてありました。
当時は、日本ではドライブレコーダーの需要が殆ど無くて品数が殆どありませんでした。一方韓国は訴訟社会だそうで、交通事故の訴訟対策として、この分野は進んでいて製品バリエーションも多かった様です。
そんな事から、海外通販経由で韓国の Hawk-eye製の DR-1000 を買って取り付けました。2010年購入で ¥15,600.- 程度でした。
新しい車に替える時に移設はしませんでした。実際必要になった事は無かったし、配線処理も面倒だし ・・
<DR-1000>
DR-1000

この12月に予定している旅行を検討するに当たり、最近の風潮からしてドライブレコーダーは必要かな、と考えたのですが ・・フロントガラス取付で、配線を取り回すのは嫌なので、ダッシュボード設置にしたいなと、色々機種を検討したわけです。
で、暫く使用して、その後放置してある 「JVC スポーツカム GC-XA2」 を思い出しました。こいつは 「エンドレス撮影モード」 があるのでドライブレコーダーとして使えます。更に、クイックシューを取り付ければ、現在ダッシュボード上に設置してあるカメラスタンドに即設置できます。と言う事で 「JVC スポーツカム GC-XA2」 を使う事に決めました。
<GC-XA2>
GC-XA2

とは言え ・・ 折角機種検討した事だし ・・ 最近流行っている「あおり運転」対策にも ・・
と言う事で、リアウインドウ用のドライブレコーターとして、アマゾンで Apeman製 C470 を買いました。
タイムセール価格で ¥5,848.- でした。このモデルは頻繁にタイムセールに出る様です。
アマゾンで 「ベストセラー」 表示だし、評価も良好だし、何より安価だし、Youtube の記録サンプルを見ても綺麗だし ・・ で決めました。

内蔵させる マイクロSDカードも買いました。エンドレス撮影用で、長時間の記録容量が必要な訳では無いので 16GB にしました。

現品は今日到着して、これから取付を行うのですが、まず説明書を読んで設定を行わなくてはなりません。これが何時も大問題です。最近の説明書はサイズが小さくて、字も細かくて、老眼では読む事が出来ません。本品の物も、B7冊子で、とても読めません。でも、中国製で日本語取説が付いてくる事は感謝すべきレベルなんでしょうね。
国内製品を買った時は、即メーカーの HP へ行って PDF版の取説をダウンロードして、パソコン画面に拡大して読むのが常です。でも中国のメーカーの場合 PDF版が有った試がありません。こんな場合は仕方なく、自力でシコシコ PDF化します。

皆様の為に  C470 取扱説明書 PDF版  のリンクを貼っておきます。一時間位かかった力作ですよ。
尚、取説中の「スタンバイモード」とは、「録画状態の時 OKボタンを押して録画が停止状態になった状態のこと」ですのでご留意ください。


==2018.01.27 追記==
C470の画質が分かる記事 をアップしました。参考にご覧ください。現在は前方監視用に設置してあります。

==2018.04.27 追記==
購入以来のトラブル記録です。
1.  走行中に、画面が上下反転表示となった。一回経験。電源再投入で治った。画面の反転機能は備わっていないので変な感じ。
2.  走行中に、録画状態がフリーズした。一回経験。電源再投入ではリセットされず、バックアップバッテリーの消費完でリセットされた。
3.  最近、頻繁に日付設定がリセットされてしまう。気が付いて日付設定をしても、暫くするとリセットされている事に気づく。ハックアップバッテリーの不良か、充電回路の不良か? 本件は本日 Apemanサービスに連絡し、代品が送付される事となった。

==2018.08.08 追記==
YouTube に 説明動画がアップされています。
1. SDカードのフォマット  https://youtu.be/ayYeyBhPXRU
    SDカードは Class10以上、4 - 32GB を推奨
2. 日付、時刻設定  https://youtu.be/nRoYSGn7Gjc
3. 動き検出機能の設定  https://youtu.be/rKmBK1zCfKY
    モードの切替が必要な場合、レンズをカバーして操作すること。
4. デフォルト設定とリセット方法  https://youtu.be/T9PChhz45r8
5. 言語設定  
https://youtu.be/HXH2dhgkIew

アマゾンから 「ONEST ポータブルDVDプレイヤー PPDU-10BK」を買いました。
¥9,480.- でした。

以前は 「走る事」 が目的の車旅行だったので、宿泊地に入る時間は遅かったのですが、最近は目的が 「見学」 に変わったので、早めに宿泊地に入る様になりました。この分増えた夜の時間の暇つぶしに 「DVDでも見るか」 と言う事で買いました。
この機種を選んだ理由は、
1) 「国内ブランド」 をうたっている事
但し、当然ながら 「Made in China」 です。国内ブランドのメリットは、トラブル時の対応力だけかも知れません。
2) USB から充電出来る事。
これは重要なポイントで、私の車の唯一のシガーソケットは USBアダプターが入れてあり、車内使用機器は USB 5V 入力にしてある為です。これは特に意識しなくても、スマホも、タブレットも、デジカメも、モバイルバッテリーも、マイクロUSB端子での充電になってしまいます。車内で使うので、USB充電が必須でした。もちろん、充電しながらの再生も可能です。
USB充電が出来る他機種があるのかどうかは、よく分かりません。ザッと見た限りでは、DC12Vの丸端子入力が殆どの様に見えますが ・・・
3) アマゾンでの評価もそこそこ良かった事

使ってみた感想は、未だ一回の旅行に使っただけですが、
1) 画面が意外に綺麗だと感じます。音も不満はありません。
2) 軽いので、車内での取り回しが簡単です。
3) USB充電は、やっばり便利だ。

その後トライした結果、Youtube からダウンロードした MP4 は再生できませんが、Mpeg4 や DivX に変換すれば再生可能なのが分かりました。SDカードに音楽データを入れて、これも楽しむことが出来ます。但し、解像度が大きいと再生されない様です。
私は 「iWisoft Free Video Converter」 を使って、640 x 480 にリサイズして DivX に変換しています。

取扱説明書のリンク を設けました。ご利用ください。

今回の東北旅行で撮影した動画を編集しながら、今回の動画には水平が出ていなくて、傾きが酷いものがある事に気が付きました。撮影時に握った手が楽な様に、取り付けてあるグリップがカメラと垂直では無くて、少し傾けてあるのも影響があるかも知れません。例えば下の画像の様に、傾きが酷いと、見られない絵になってしまいます。
<傾いた画像>
傾き

次回は何とかしないと ・・ と言う事で、カメラに水準器を取り付ける事にしました。
インターネットで調べると、カメラ用のアクセサリーとしては、高価な三脚取付用の物ばかりで、簡便なものとしては、クイックシューに取り付けるものは有りました。しかし、私のカメラにはクイックシューはありません。
更に調べると、100均で売っている水準器を分解して、レベル部だけを取り出して、それをカメラに工夫して取り付けている人が何人かいました。これは格安だし、カメラに合わせて、工夫して取り付けられるので良い、と言う事で、100均にどんなものが売っているか視察に行ってきました。
<100均の水準器>
daiso_suiheiki-16cm

更に、私のカメラと同じものに、100均レベルを取り付けた例を公開しているブログは無いか、とインターネットを 「RX100 水準器」 で検索してみると ・・・ 驚きました!!
なんと、このカメラには 水準器 が内蔵されているのですね!!
絵が撮れればいいや、と取説も読んでいないので全く知りませんでした。
<DSC-RX100 の電子水準器>
RX100_水準器

危うく、外付けの水準器も取り付けるところでした。取説は、一回は読んでみるべきですね。

↑このページのトップヘ