タグ:新潟県道

昨年10月28日の記事  「信越本線稲葉踏切」  で紹介した「稲葉立体交差」が昨日、2017年03月25日に開通しました。
正式名称は 新潟県都市計画道路 槇山町亀貝線 稲葉立体交差 です。新幹線高架の下を潜り、信越本線の上を通っている立体交差です。
開通を記念してドライブ記録を撮って来ました。
この立体交差開通に伴い、旧来の「信越本線稲葉踏切」は廃止された筈です。この快適な道路開通に依って、稲葉踏切のルートで苦労して通行した事など、あっという間に忘れ去られるのでしょうね。
==記録動画==



長岡市は「川西」「川東」と呼ばれる二つの地域に、信濃川に依って分断されて来ました。信濃川が、長岡市内の交通、往来の大きなバリアでした。しかし近年、川西地区に商業施設エリアが開発されると共に、東西を結ぶ橋が増やされて来ました。かつては「長生橋」と「蔵王橋」の二本しか無かったものが、「大手大橋」「昭和大橋」「フェニックス大橋」の三本が増設され、信濃川のバリア機能は大幅に薄まったと言えるでしょう。
余り明確には認識されていませんが、長岡市にはもう一つの大きな交通バリアがあります。それはJR信越本線で、信濃川と並行した方向に川東地区を分断しています。信濃川と信越本線の間の地域に長岡市の中心施設があり、また多くの事業所があります。信越本線より外側は郊外地区で、ここの住人は、日々の通勤や市中心部への用事などでは必ず信越本線の踏切を渡らなくてはなりません。これが大変で、大きなバリアになっています。信濃川の橋梁増設に比較して、同時期での目立った踏切改善は、長岡バイパスが市内を通る為に設置された「愛宕アンダーパス」だけだと思います。それ以外の多くの踏切は、旧来のままであり、酷いものだと狭い為、片側交互通行なんてものも幾つかあります。
ところが今回、北長岡駅近くの稲葉踏切の所で画期的な工事が行われています。このルートを県道にすると共に、新幹線の下を通り、かつ信越本線の上を通る跨線橋の工事で、平成29年春の供用開始となっていますが、もっと早く出来そうな感じもします。これが完成すると、信越本線バリア低減の為の「愛宕アンダーパス」に続く快挙と言えるでしょう。ここのルートを通勤に多用して苦労していた者にとって感慨深いものがあります。
「ン? すると稲葉踏切は無くなるのかな?」と、なつかしの稲葉踏切が無くなる前に、記録動画を撮って置くことにしました。

==ルート図==
稲葉交差点 - 稲葉踏切 - 福島江の橋 - 栖吉川の橋 - 城岡橋交差点
ルート

==記録動画==


=2017.03.26 追記==
昨日、2017.03.25 に 「稲葉立体交差」 が開通しました。これに伴い 「稲葉踏切」 は廃止された筈です。
本日の記事  「長岡市の稲葉立体交差」  をご覧ください。
 

旧下田村(シタダムラ)吉が平(ヨシガヒラ)へドライブに行ってきました。
越後と会津の只見を結ぶ峠道、八十里越の越後側の起点だった所です。八十里越は司馬遼太郎の「峠」のタイトルの基になった峠です。戊辰戦争で長岡藩の河井継之助は、負傷して、この峠を敗走し、只見側で亡くなっています。
吉が平の集落は、かって十数戸の住宅と小学校の分校があったのですが、守門川の氾濫に依る水害に依り昭和45年に集団離村し、以降無人の場所となっています。

先ずドライブルートです。
新潟県道183号線の、水ノ木峠から下ってくる210号線との交点にゲートがあります。このゲートを起点に吉が平までの往復のドライブです。
ルート

ドライブ記録
再生速度は 2.5倍としてあります。



2015年8月5日に、長岡市小国 - 柏崎市野田 - 小村峠 - 上越市柿崎、新潟県道25号柿崎小国線を通ってきました。
地図を見ていたら柏崎市の米山の裏側に、自分が行ったことの無い空白地帯がある事に気が付きました。米山の海側の国道8号線は数えきれない程通っているのに、これは盲点でした。
これは行かずばなるまい。 
ルート 8_5-2
 
柏崎市野田は米山の真裏で、立派な平野でした。
行くまで知らなかったのですが、野田から柿崎の間は峠道になるのですね。
後でインターネットで調べると「小村峠」と出ていましたが、峠には表示は無かった様な ・・
この峠は標高差もあり中々な峠道で、車で通っていて楽しい峠です。
通行量もありません。私の場合は、写真を撮っている時に追い抜いて行った軽が一台だけでした。

その小村峠中腹から見た野田の平野
まるで桃源郷の様に感じました。
峠から

↑このページのトップヘ