タグ:田舎

車での旅行を始めた頃は、車中泊の装備や食事の方法などを詳細に調べたものです。
インターネットのブログや 2ch などに多くの情報があり、参考にさせてもらいました。
それらの中に「地元の名物を食べるのが車中泊の最大の醍醐味だよ!」的な情報が多数ありました。
「そりゃそうだよな」と現地の食堂で食事を取るつもりで出かけたものです。
ところが、ところが ・・

==田舎に食堂やレストランは無い==
私が好んで行く田舎の町や村には、食堂やレストランが有ったためしがありません。探せど、探せどありません。最後は検索で近くの中規模の市の食堂に行かざるを得ません。

==道路脇の食堂には入れない==
食事どきに田舎の道を走っている時、ドライブイン的な食堂が道路脇に無いか注意しながら走ります。たまには有る事は有るんですが ・・
「あ、あった!」と気が付い時には殆ど通り過ぎる状態で、左折で中に入る事が出来ません。Uターンすれば良いのでしょうが「先に別の食堂があるはず」と前進を優先するのですが、その先に有ったためしがありません。

こんなことから「私の旅行は食事が目的では無い」と再定義し、食事は簡単に取れる事を最優先にしました。
初めのうちは、目的地に向かう途中の市部でスーパーに寄り、弁当やおかずを買って現地で食べたものです。でも、この方法は食べかすや容器の廃却で行き詰まります。道の駅やスーパーなどでも、廃棄物処理は簡単ではないんですね!
 
現在は、全国展開している食堂を利用することを基本としています。具体的には、
朝 : すき家の朝食、朝の6:30頃から動き出す車中泊者にはここしか考えられません。
01_すきや
 
昼 : ケンタッキーフライドチキン、以前糖質制限を行っていたときの名残です。
02_ケンタッキー
 
晩 : まいどおおきに食堂、栄養のバランスを考えて色々なものを食べます。
03_まいどおおきに
 
旅のルートの取り方も、目的地への行程で食事時間頃にはこれらの食堂の有る所を通る様に、前日の夜に決定します。即ち、ルートは目的地だけで決定するのではなく、(昼食のとれる場所) → (夕食のとれる場所) → (宿泊する場所) の全てを考慮したものにします。
とは言え、全国展開チェーン店とはいうものの存在しない地域もあります。特に「まいどおおきに食堂」は東北地方には無い所が多いです。この様な場所では次善の策として、夕食も「すき家」になる事が多いです。「すき家」も無い様な所では、途中で弁当を買うことになります。
この方法をルーチン化してから車旅行が楽になりました。

車での旅行を始めた頃は、車中泊の装備や食事の方法などを詳細に調べたものです。
インターネットのブログや 2ch などに多くの情報があり、参考にさせてもらいました。
それらの中に「地元の産物を肴に、寝る前に飲む酒が超ウマイ!」的な情報が多数ありました。
「そりゃそうだよな」とワンカップの酒などを荷物の中に入れて出かけたものです。
カップ酒
ところが、ところが ・・
実際にやってみると全然おいしくありません。二、三日は続けてみましたが、それ以降は止めました。
最近は、旅行に酒を持っていくこともありませんし、実際に飲むことはありません。自宅にいる時は、毎日晩酌を楽しんでいるんですがね。

考えてみると、これは私が田舎者のせいなのではないかと思います。
以前、転勤で東京に勤めていた時、たまに会社の会などで飲む機会があります。でも、気持ちよく酔える事はありませんでした。「これから電車に乗ってアパートまで帰らなければならない」と思うととっても酔えません。アパート近くの下車駅を降りて、アパートまで這ってでも帰れる状態になると、途端に元気になるんですがね。
この抵抗感が車旅行でも表れていると思います。
ここの田舎では、街の中心から自宅まで 2-3 kmなので、飲んだ後でタクシーを逃しても歩いて帰れる距離なのです。いつも気持ちよく酔うことが出来ます。
但し、田舎は車社会ですから、帰りに突然「飲みに行こうよ」とは行きません。事前の予定が必要です。この辺も、田舎と都会の違いですね。

↑このページのトップヘ