2016年8月16日付で、同じタイトルで記事を上げた所ですが、今回 (2019.07.04 - 2019.07.13) の北海道旅行での経験から補正した記事を上げたいと思います。尚、前回の記事は現状の印象とずれていますので、非公開扱いとしました。

==北海道民は「ドロボウ」が多い==
衝撃的な掃除のおばさんの、「トイレットペーパーが盗られた!」 という叫び声は、今回は有りませんでした。トイレットペーパーホルダーも、特に本州側と違いは感じられませんでした。ですから 「北海道だから」 と言う事で、特筆する必要を今回は感じませんでした。北海道がこの三年間で進化したのでしょうか?
==北海道では不思議なことが多い==
1) 自動販売機には「空き缶入れ」が無い
初日に泊まった 「道の駅 みそぎの郷 きこない」 の自販機脇には 「空き缶入れ」 がありました。「オー、北海道も変わったか!」 と喜んだのですが、それ以降はどこにも 「空き缶入れ」 が設置されている自販機は有りませんでした。多分、相変わらず北海道内は 「空き缶入れ」 は設置されていないと思われます。因みに、直前の 「沖縄旅行」 で、沖縄県も 「空き缶入れ」 は自販機に設置されていません。この南北端の県を除いて、全ての日本の県の自販機には 「空き缶入れ」 が設置されていると、私の経験的には断言出来ます。
2) 領収書の発行
先回は、知床五湖のガイド料金の領収書の問題を提起しましたが、今回の羅臼の 「鯨ウォッチング」 ではすぐに領収書を発行してくれました。即ち、北海道も本州側と変わりなく、日本の法律が適用されていると確認できました。

==北海道民は無法者が多い (主に交通ルール)==
1) 兎に角、追い越す。
先回は、北海道民が違法、合法にかかわらず、兎に角 「追い越す」 ことを取り上げましたが、今回は余り気になりませんでした。今回は、自分の車のスピードは 80km/h を標準にしていたせいかもしれません。ただ、警察による 「ネズミ捕り」 は三か所で見ました。日本全国を車で走っていて 「ネズミ捕り」 が気になった事はありませんが、北海道では頻繁に見かけます。多分、やっぱり北海道では無法者が多いのでしょうね。

==やっぱり他と同様、外国人の観光客は多い==
登別の「地獄谷」 に行きましたら人が多いのに驚きました。更に、八割は中国系でした。二割は韓国か? まあ、観光地ですから、こんな物かと思ったのですが、礼文島行のフェリーにも中国系がかなり乗っていました。朝の 6:20 出発の便ですよ! これには驚きました。

こんな経験を基に、私の北海道民への評価は、
「北海道民」 は、少しずれている。 です。
隣の家まで 1km は離れている酪農地帯の農家を見て 「町内会の回覧板はどうするんだろう?」 と心配する越後の水飲み百姓の 「村八分」 的共存集落感覚では信じられない独立、独自判断の北海道民故と思われます。